極限の民族

極限の民族   本多勝一 著  藤木高嶺 写真

『ニューギニア高地人』を読んだのをきっかけに、シリーズの1作目『カナダ・エスキモー』と3作目の『アラビア遊牧民』を続けて読みました。『深夜特急』を読んだとき以来の興奮と、そして『深夜特急』以上にハマリました。
『ニューギニア高地人』については、10/12の記事で述べてますので、他の2作について感想を簡単に記します。

『カナダ・エスキモー』
 最初の「異臭のする家」でひるみました。生活の基本である衣食住が我々の常識を超えています。大学の先生の講座や本でエスキモーの暮らし(生肉食や犬の扱い等)を知っていたつもりです。現場からの報告に目の前の事象のように感じたのかもしれません。

『アラビア遊牧民』
 前2作とは打って変わって、異国の人との付き合いがハッピーではありませんでした。
 本文の引用になりますが、
「異民族の侵略を受けた経験が多い国ほど、自分の過失を認めない。日本人やエスキモーやモニ族は、異民族との接触による悲惨な体験の少ない、ある意味ではお人よしの、珍しい民族である」
 バラエティ番組でありえない言動や理不尽なクレームを再現ドラマで見ることがありますが、この本に出てきた遊牧民が見たら、TV番組にする理由がわからないでしょう。
 我々と対極をなす価値観の人びとと渡り合う日本人ビジネスマンの奮闘ぶりが想像できます。

 いま、ビジネスマンと書きました。外国に行かなくても、日本に住む外国人とも、ひいてはご近所の人とも、家族とも、…この3部作から他者との付き合い方を考えさせらました。
 

付け足し:『アラビア遊牧民』のアラビア・コーヒーの入れ方の項で、「ヘイルと呼ばれる強い香料の実を加える」とあります。
 ヘイルとはカルダモンのことで、和名のショウズクがカッコ書きされてます。'65当時の日本では、カルダモンはまだ一般には知られてなかったんですね。
[PR]
by ruksak | 2010-11-16 10:56 | 旅の本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ruksak.exblog.jp/tb/14990092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lazymiki at 2010-11-16 21:15
「カナダエスキモー」と「アラビア遊牧民」は、高校生の時に読んで時間を忘れました。
でもその後大学で、右翼がかった先生が本多勝一氏をケチョンケチョンにけなすのを聞いて、ジャーナリストとしての本多氏の立ち位置は、かなり左に寄っていたのだろうかと思ったのですが・・・。朝日新聞社の記者をされていたんでしたっけ?
でも、著作は面白いですよね。現地の人と同じものを何でも食べちゃうのがすごいですよね。でも、アザラシ体内の寄生虫はさすがにダメだった・・・んでしたっけ?

ワイルドライフ系が守備範囲外なので、最近はコメントができず、申し訳ありません<(_ _)>。
Commented by ruksak at 2010-11-17 14:31
lazyMikiさん
高校生のときに読まれましたか。えらいです。
<時間を忘れて読んだ…>、 夢中になっちゃいますよね。
私は高校時代にはまったく知らず、社会に出てから本多勝一という名前を知って、それでもこのシリーズは食わず嫌いしてこれまで読んでませんでした。

lazyMikiさんの書かれたとおり、右翼系と敵対してますし、朝日新聞記者でした。その前は京大探検部です。環境の厳しいところに行って、地元の人と衣食住を共にできる素地はあったのです。

食べられないモノがあったこと、よく覚えてますね。それだけキョーレツな食べ物だったから。
えっと、それはセイウチのヒレについていたシラミでした。セイウチ狩りしたエスキモーはそれをつまんで食べてしまうんだからすごい、というか、私はイナゴの佃煮もハチの子も食べたこと(見たことも)ないのですよ。

今後もいろんなところに飛びますので、近場に着地したときにでも、足跡残していただければいいですよ。


2018年のカレンダーを  ご希望の方に


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

旅行・お出かけ

最新の記事

ベルリンでぷらぷら
at 2017-12-13 15:50
イスラーム圏で働く
at 2017-10-28 15:42
2018年カレンダー
at 2017-10-26 16:11
秋のバラも素敵
at 2017-10-09 02:02
知事公館に秋の足音が
at 2017-10-07 01:30

カテゴリ

カレンダー
はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本

最新のコメント

ばななさん こんば..
by ruksak at 01:22
こんばんは。 カレンダ..
by bananan_bou at 21:32
ばななさん さっそ..
by ruksak at 11:23
こんばんはー。 今年も..
by bananan_bou at 17:19
ばななさん!! う..
by ruksak at 15:21
こんばんはー。 好きで..
by bananan_bou at 20:56

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(46)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(26)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング