西の果てまで、シベリア鉄道で

西の果てまで、シベリア鉄道で -ユーラシア大陸横断旅行記
大崎善生 著  中央公論新社  2012/3/25

 鉄道でユーラシア大陸を横断するとは。
 旅好き(鉄道好き)な人の憧れの旅ですね。
 とはいえウラジオストックからロシアまではシベリア鉄道で6泊7日かかるから、程度の差こそあれ必ずしも楽しい移動ではないことは想像できますよね。著者は帰りはパリから飛行機で日本に戻っています。
 私も、イグアスの滝からリオ・デ・ジャネイロまでバスに一日乗り続けただけでも時間の無駄に思えました。シベリア鉄道はその7倍ですからね。(イグアスの滝からのバスの乗車エピソードは2007/2/16以降の記事に)

 大崎氏はかなり旅慣れた方とお見受けしました。
 旅で「エネルギーを充電する」と書かれており、それは私も同じで、広くいえば旅行に出かける多くの方に共通することはないでしょうか。
 そしてこの本ではいくつか思うことがありました。
その1.
 世界遺産ワルシャワの旧市街は第二次世界大戦の爆撃後復興されたが、瓦礫の中から使えそうな石やレンガを拾い集め、できるだけ元の位置に再利用して街並みを復元したこと。
 ―数年前にドレスデンの教会が同じような方法で再建されたが、前からそういう手法が取られていたのかと。

その2.
 ベルリンのホテルに深夜到着したとき扉が閉まっていて、ホテルの番号に電話をしたら管理人(らしき男性)が自宅で受け取る。電話でホテルへの入り方を訊くのだが、ドイツ語がまったく理解できない日本人と、日本語と英語がほとんどわからないドイツ人がやり取りする。
 相手の男性が根気よく言葉を繰り返して指示した結果、2時間後に客室に入ることができた。
 ―言葉がわからないからといって投げてはいけない。

その3.
 鉄道の旅終点はポルトガル・リスボン。
 サンジョルジェ城、ベレン地区、ファドを聴きにアルファマ地区へと足を運ぶ。
 ―私も行ったのでなつかしい。

その4.
 旅の終わりにシャルルドゴール空港行きの列車が途中の無人駅で止まり、居合わせた日本人の女の子4人と協力し合ってタクシーで空港に向かうエピソードは、日本人ならたぶんいい話だなあと思うでしょう。
 女の子たちより後のタクシーに乗った著者が空港に着いたとき、
“彼女たちは先に飛行機に乗り込むことなく、タクシー降り場で飛行機会社の人たちと笑顔で手を振り、待ってくれていた。”
 私も女の子たちの立場だったら、同じように待っていたかもしれないと思うのです。

その5.
 長い旅をしたい。
 ときどき不意にそんな欲求に駆られることがある。最低でも一か月以上で、できれば終わりの日なんかは見えないくらいの長さがいい。もちろん帰りの飛行機のチケットは持っていない。(はじめに―より)
 私もかつてこのような旅に憧れました。オーストラリア('91)や中国('97)は片道切符で出かけました。

その6.
 中央公論新社のHPの別の本の説明で、著者のことが、"恋愛小説の名手"と書かれていた。
 今回の本を読む限り、酒好きなおっさん としか思えなかった。
 酒=女=恋愛ということで、恋愛を語るのがうまいのかしらん。
 
 
*以前読んだ『女ひとりユーラシア夢紀行』(高野ケイ著 平成元年刊)にもシベリア鉄道の旅が収録されています。「無為徒食 シベリア鉄道旅日記」というタイトルなので、時間を持て余した感がありますね。文面から大崎氏ほどシベリア鉄道の旅に不快感は持たなかったようです。
[PR]
by ruksak | 2013-01-12 14:43 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ruksak.exblog.jp/tb/18340384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

最新の記事

バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-23 12:41
旅するショコラ Ver.3
at 2017-06-04 16:24
藤棚は
at 2017-06-01 16:57
自転車が並んでいるだけで
at 2017-05-29 16:40
札幌彫刻美術館でアフリカに浸る
at 2017-04-25 15:46

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん こんば..
by ruksak at 00:59
こんばんはー。 旅するシ..
by bananan_bou at 22:22
ばななさん こんば..
by ruksak at 01:23
ごめんなさい。送信ボタン..
by bananan_bou at 21:48
こんばんは。 HTBと..
by bananan_bou at 21:44
ばななさん 冬はな..
by ruksak at 15:05

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(25)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(3)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ