ファーブル 昆虫と暮らして

ファーブル 昆虫と暮らして  ファーブル作 林達夫編訳 岩波少年文庫  1956.4.25

『ファーブル昆虫記』を読んでおりません。子どもの頃、昆虫にさほど興味がありませんでした。
 この本は、“『昆虫記』から自伝的な部分を選んでまとめた”ということなので、出身地の南仏の香りがするかと思って手に取りました。

 ファーブルといえば『昆虫記』、で現代まで名を残しています。ファーブルは長い教員生活のあとに、56歳から『昆虫記』の執筆に取り掛かりました。50代というと人生の峠を過ぎたような気がしますが、そう思うことはないですね。
 
 ファーブルは南フランスの山奥の小さな村の貧しい農家の家に生まれました。田舎の村ではみんながみんな字が読めるわけでなく、ファーブルのおばあさんはアルファベットのことを、“目をわるくするのにもってこいの代物”と思ってました。子どものときは普段裸足で、靴は日曜日やお祭りの日にしか履かせてくれなったそうです。
 おしゃれな国のイメージのあるフランスでもそんな時代があったんだなと思いました。
[PR]
by ruksak | 2015-07-02 13:29 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ruksak.exblog.jp/tb/24204528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

最新の記事

この町でバラ園といえば
at 2017-08-06 16:18
住宅街に南フランスの風が・・
at 2017-07-31 17:13
「極北シベリア」の続きの話
at 2017-07-24 16:59
バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-24 01:00
バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-23 12:41

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん、おはようござ..
by ruksak at 06:25
こんばんは。 北大の博..
by bananan_bou at 22:02
ばななさん こんに..
by ruksak at 15:28
こんばんはー。 地下鉄&..
by bananan_bou at 21:55
ばななさん こんば..
by ruksak at 00:59
こんばんはー。 旅するシ..
by bananan_bou at 22:22

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(43)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(25)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ