欧州紀行

欧州紀行   埴谷 雄高 著   中公新書  1972.12.20

 文芸誌に発表された9編の紀行文が収録されています。
 モスクワから始まる、東欧~北欧~西欧の「ヨーロッパの旅」のうち、西欧の国々を旅したときのことが書かれています。(旅行の前半部分は、『姿なき司祭-ソ聯東欧紀行』(河出書房新社 1970)で発表しているそうです)

 旅した年は、はっきりと書かれていませんが、1968年/昭和43年、だと思います。
 半世紀前の海外旅行ー、
 いつもの私なら現代との違いに興味がわくところですが、今回は、著者・埴谷雄高という人物に親しみを感じました。きっと気難しい方ではないんですよね。


 この本で、心に残った or 共感した 箇所がいくつかあります。

その1.巻頭の「見知らぬ空港で」で(←この作品だけ西欧に入る前です)
 旅の始め、カラチ経由でモスクワに行く予定が、機材故障で乗り継ぎできなかったために、経由の経由、かなり遠回りしてモスクワに向かうことになりました。
 見知らぬ空港で、あるときは言葉も通じず、担当係官も乗り場もわからず・・。しかし間一髪のところで空港職員の助けでその都度搭乗の飛行機に間に合いました。
 埴谷氏は最後の経由地からモスクワ行の飛行機の座席に身を沈めたあと、次のような思いが浮かびました。

“…外国旅行に必ず付随するところの或る種の罰ともいうべき喜劇にほかならず、…”

 そのときは冷や汗ものでも、旅の思い出を話すとき、「こんなことあったよね」と笑いながら話せることあります。
 前回のウルムチ旅行からまもなく5年経ちます。「コリゴリ」なんて書いたから、海外旅行からこんなに遠ざかってるのかなあ。


応援の気持ちを形に よろしかったらポチっと
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集募金ページへのリンクバナー
 





その2.
 例えば、行きたいところの場所を探しているとき、
 埴谷氏は、“何処でも相手構わずやたらに話しかける”
 同行のT君こと辻邦生氏は、“どちらかといえば、道が解らなくとも凝っと地図を見て考えるといったタイプ”

 私はどっちか? 
 まず地図を見て考えて、その次に人に尋ねるタイプ、かと思います。

その3.
 各地で有名な又はそれほど有名でない美術館を訪ねています。
 でも、その実態は?

“…これまで絵などみない種族も生真面目な鹿爪らしい顔付をして美術館の長い廊下を歩くことになるのは、「外国旅行病」における奇妙な一症状なのである” 

 私もまったく同じなんですよね。
 日常では美術館に滅多に行きません。前回の記事の「500m美術館」は 通路を歩くついでに観る感じでした。

その4. 
 フランクフルトの美術館で、思いがけず、ある女性の肖像画に魅せられて、撮影禁止にもかかわらず、職員がいない隙を狙ってその肖像画をカメラに収めます。その写真がこの本に掲載されています。
 その肖像画は、「ルクレツィア・ボルジア?」・・作品名にはてなマークがついているので、本当にその人物かどうか定かでありません。

 古い旅行記は写真が一枚もないことが多いです。この本の写真はこの肖像画の写真一枚きりです。内緒で撮った写真を本に載せても問題ないんですね。でもピントぴったりよく撮れてるんですよ。

その5.
 マドリッドで食べたパエリアと、ローマで注文した米料理(ケチャップをまぜたような淡黄色のご飯の小山にシチュー風な肉の塊が添えられのている)のご飯を口に含んだら、
“「木の実」を噛んだようだった” ・・全く期待外れでした。

 日本で食べるパエリアは私たちの口に合うように工夫されてると思いますが、今のスペインのパエリアはどうでしょうね。 
 私も、外国で、とくに米食圏でないところで、おいしいお米料理に当たった記憶がありません。それで、リスボンのファドハウスで、お米でない方のセットメニューを注文したんですけど、旅行から帰ったあとでポルトガルはお米料理がおいしいと知って、失敗したな~と思いました。

ポルトガルのおいしい記憶 ~ファドハウスのセットメニュー
 ライスorポテト で、ライスを選ばなかったときの記事です。
[PR]
by ruksak | 2017-04-14 16:59 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ruksak.exblog.jp/tb/27725154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

最新の記事

この町でバラ園といえば
at 2017-08-06 16:18
住宅街に南フランスの風が・・
at 2017-07-31 17:13
「極北シベリア」の続きの話
at 2017-07-24 16:59
バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-24 01:00
バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-23 12:41

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん、おはようござ..
by ruksak at 06:25
こんばんは。 北大の博..
by bananan_bou at 22:02
ばななさん こんに..
by ruksak at 15:28
こんばんはー。 地下鉄&..
by bananan_bou at 21:55
ばななさん こんば..
by ruksak at 00:59
こんばんはー。 旅するシ..
by bananan_bou at 22:22

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(43)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(25)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ