カテゴリ:ドイツ( 5 )

はじめてのドレスデン、ひさびさのドイツ

 初めての海外一人旅はドイツ・ロマンチック街道でした。その二年前、初めてのヨーロッパ旅行はスイスアルプスで、フランクフルト発着でドイツからスイスへ南下しました。そのあとも何度かドイツを訪ねて、今回のドイツ行きは、’93年以来、かな?
 ドイツが嫌んなっちゃったんですよね。
 妹尾河童氏の『河童が覗いたヨーロッパ』に、ドイツ人とイタリア人を対比した文章が二編収録されています。どちらを読んでも「私はドイツ人だ」と思いました。自分と通じるドイツよりも、細かいことにこだわらない気質の国に憧れにも似た興味を覚えました。それでドイツはご無沙汰してたんですけどね。

 今回のドレスデン行きはたまたまで、プラハから手軽に行けて、有名なクリスマスマーケットが開かれるとわかったからなんです。
 久々にドイツに行ってみて、ドイツはツーリズムビジネスが進んでいて旅行は楽かも、と思えました。旅行の素材が整ってますよね。見所(街、自然)、情報サービス、英語OK…。再びドイツに興味がわきました。

 河童が覗いたヨーロッパ  …新潮社のHPをリンクしました。amazonのほうが詳しいかなあ。

 そして初めてのドレスデン。
 ドレスデンは旧東ドイツだったところなんですよね。
 第二次世界大戦の空襲で町が破壊されたそうですが、そのようなことはちょっと目にはわかりません。昔ながらの街並みの旧市街は、戦後に昔ながらに再建された、のですかね。
 ドレスデンに限らずドイツには先の大戦で破壊された町があります。ヨーロッパの他の国にもあると聞きます。戦争で焼け野原になったのは日本だけではないんですね。

 今回のドレスデン日帰り旅行は、旧市街の街並みとクリスマスマーケットが見られればいいと思ってました。だからドレスデン観光は半日あればいい―、なんて考えた私は浅はかでした。 
 ドレスデンはそれだけの町ではありません。
 歴史的建造物(建て直しでも)、博物館、美術館、カフェに…、次は是非行きたいです! 
[PR]
by ruksak | 2012-02-16 11:41 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

アルテ・マイスター絵画館 Gemäldegalerie Alte Meister

アルテ・マイスター絵画館  入場料:大人 10ユーロ(1050円)

Staatliche Kunstsammlungen Dresden アルテ・マイスター絵画館を含むドレスデンの美術館の総合webサイトです。

 夕方5時から閉館の6時まで見学しました。、
 ここの収蔵品で一番有名なラファエロの「システィーナのマドンナ」と、日本人に特に人気のあるフェルメールの「手紙を読む少女」を目当てに大急ぎで観て回りました。


f0036820_1173567.jpg←「システィーナのマドンナ」の足元にいる天使ちゃん のペーパーナプキン 2.9ユーロ(だったか)


 ドレスデン行きはクリスマスマーケット見学をメインに考えていたので、この絵画館に行く時間は取れないと思ってました。なんとか行くことはできたけれど、名前を挙げた2作品以外はほとんどが歩きながら眺めたようになってしまい、そのためだけに入館したのは愚かでした。ミュージアム・カフェにも入りたかったですね。(買い物する時間はつくりました)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^

f0036820_1183487.jpg

 マイセン磁器の湯呑み
 (小振りです、東洋向けの食器ですね)
 
  17ユーロ(1785円)


 マイセンはドレスデンのお隣の町
 マイセンにも
 アルテ・マイスター絵画館と同じ建物にある磁器コレクションにも
 行けなかったけれど
 中央駅から旧市街に向かう途中の
 (おそらく)直営ショップで買いました
   …そのお店で一番安い商品です
  (「波の戯れ」シリーズです)


[PR]
by ruksak | 2012-01-28 12:57 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

ドレスデン 写真散歩

 続けてドレスデン観光ご紹介しちゃいましょう。本日はおもに写真で、次回は写真ナシです。


    <君主の行列(Der Fürstenzug)>
f0036820_20522947.jpg

 時間が短かったために見学場所を絞らなければいけなかったドレスデンで、是非とも見たかった場所です。
 100mに及ぶ外壁に歴代の君主の騎馬像や芸術家など総勢93名が描かれています。マイセン磁器のタイルに描かれているとのことですが、タイルかどうかよくわからなく、予想以上の大きさに、-写真の人物が小さいでしょう-、ただただ感嘆しました。

そのほかに...
[PR]
by ruksak | 2012-01-15 23:44 | ドイツ | Trackback | Comments(4)

クリスマス工芸品工房, ランゲンヴォルムスドルフ村 <行き方>

 ドレスデンからランゲンヴォルムスドルフ村のクリスマス工芸品工房へは次のように行きました。

1) Dresden Hbf(ドレスデン中央駅)前のバス乗り場から
  261番(Sebnitz行き)バスで 片道5.6ユーロ(588円) 所要55分

2) Langenwolmsdorf(ランゲンヴォルムスドルフ) Oberdorf で下車
  バスの進行方向から少し戻って右に曲がり、その道をまっすぐ20分ほど歩く

3) 261番バスは(平日)1時間に1本
  行き(ドレスデン中央駅発) 毎時15分発
  帰り(Langenwolmsdorf Oberdorf発) 毎時52分発 ('11.11月旅行当時)

  DB BAHN TravelService …バス・列車の時刻が調べられます

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ドレスデン駅構内の鉄道インフォメーションで行き方を尋ねました。
 Langenwolmsdorfと書いた紙と、「クリスマス ファクトリー」の言葉で行きたい所がわかってもらえました。(窓口の係員は皆英語対応OKでしょう)
 係りの女性は ↑のリンクしたHPから時刻表を印刷してくれました。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

f0036820_22261926.jpg

 <ドレスデン中央駅 バス乗り場側出口>
 (細長い駅舎の側面…、
  かと思ったけれど
  こちらが正面入口、かも)

 右に行って角を曲がると
 トラム乗り場です
 

f0036820_22271729.jpg


 <261番(Sebnitz行き)バス停>


f0036820_2228736.jpg

 Langenwolmsdorf Oberdorf で
 降りたところ
 Langenwolmsdorf 村のバス停の中で
 Oberdorf が最寄のバス停になります。 


 遠くの車の辺りに
 右手に向かう道路があります


f0036820_22284425.jpg

 曲がり角のところに
 「Kunsthandwerkerhaus
(クリスマス工芸品工房)」の
 案内板があります
 ここから20分くらい
 ドイツの農村風景を見ながら歩いて
 遠く感じませんでした


[PR]
by ruksak | 2012-01-09 23:41 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

クリスマス工芸品工房, ランゲンヴォルムスドルフ村

f0036820_21263437.jpg
 高さは6cmくらい、小さいです。 
 値段は大きかったです。兵隊さんが840円、娘さんたちは1000円超えてます。パーツの数の違いでしょうか。働き者の娘さんたちです。
 実はわたくし、三姉妹です。姉さんたちと一つずつ分けるつもりで買いました。
 クリスマスマーケットの会場でもっと安い木製のお人形が売られてました。…作り手が見えるところで買ったことに意義があると思いましょう。(?)
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クリスマス工芸品工房
f0036820_21273735.jpg
 ショールーム→
 扉の向こうに木製のお人形やクリスマス飾りの世界が広がっています。
 (内部は撮影禁止、HPの写真のとおりです)

 製品をつくる職人さんは皆女性です。
 女の人のほうが細かい作業に向いてるんでしょうかね。



 ネットでクリスマスマーケットのことを調べていたら、ユーラシア旅行社のこの工房に行くツアーがヒットしました。
“ドレスデンの東に位置する小さな村、ランゲンヴォルムスドルフ。この村の主産業はおもちゃ作り。クリスマスシーズンになると村は活気にあふれます。”
 クリスマスマーケットつながりのつもりで、でもその実態は宣伝文句につられて訪ねてみたのでした。
 ドレスデンからバスで1時間かけて出かけたクリスマスの世界は、この建物の中だけでしょうかね。敷地内にいくつかの建物が寄せ集まってますが、他は洋服屋さんだったりします。
 団体だとガイドツアーが組めるみたいですが、そうでなければ展示品をざーっと見て、気に入ったものがあったら買う…。
 クリスマスや手工芸品がよっぽど好きな人でなければつまらないかも…。ここをツアーのコースに組み込んだユーラシア旅行社がかなりマニアックに思えました。
 工房にクリスマス飾りを買いにお客さんが三々五々訪れてます。11月でもお客さんが途切れなかったので、12月になったら本当に活気にあふれそうです。

f0036820_21282624.jpg
 この塔は クリスマスピラミッド 
 といいます。
 クリスマスツリーが広まる前は
 この塔が立てられていたそうです。

 この工房まではるばるやって来たけれど、
 途中の田舎の景色が素晴らしかったです。
 起伏のある牧草地帯が
 私の好きな‘美瑛’の風景みたいでした。
 

<次回は行き方について 
[PR]
by ruksak | 2012-01-08 22:41 | ドイツ | Trackback | Comments(0)


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

最新の記事

秋のバラも素敵
at 2017-10-09 02:02
知事公館に秋の足音が
at 2017-10-07 01:30
バッタを倒しにアフリカへ
at 2017-10-02 17:15
ゴッホを訪ねて3マイル/ ゴ..
at 2017-09-19 16:52
ここはどう見ても
at 2017-09-18 16:33

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん!! う..
by ruksak at 15:21
こんばんはー。 好きで..
by bananan_bou at 20:56
ばななさん、おはようござ..
by ruksak at 06:25
こんばんは。 北大の博..
by bananan_bou at 22:02
ばななさん こんに..
by ruksak at 15:28
こんばんはー。 地下鉄&..
by bananan_bou at 21:55

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(46)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(26)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ