カテゴリ:旅の本( 143 )

母と子のマレーシア通信

母と子のマレーシア通信 ー娘のホームステイ体験から
渡部 弘子 著  中公新書  1994.4.25

 最近手紙ずいています。
 この本もクアラルンプールに留学中の高校生の娘さんとお母さんの書簡集。1989年3月から翌年2月までのやり取りです。

 この本を読むと、留学には当たり外れがあるなあと改めて思いました。その人に合う合わないという意味も込めて。
 国、滞在地(都市or地方)、滞在場所(ホームステイor寮・一人住まい)、滞在家族、学校など。
 娘さんと同時にマレーシアに留学した学生のなかには、途中で帰国した人やホームステイ先を変更した人がいました。娘さんの留学プログラムでは滞在場所はホームステイのみで、マレーシアは多民族国家なので、ホームステイ先の家族がマレー系かインド系などによって暮らしぶりがだいぶ変わってきます。
 娘さんのところは華人家庭で、学校はマレー系の女子高でした。「当たり」のところに振り分けられたかもしれませんが、本当に「当たり」にするために娘さん自身も我慢や努力をしています。

 母娘間の手紙ということで、またまた我が手紙のことが思い出されました。私の手紙はどのように読まれていたのか、私はどのように読んでいたか。
[PR]
by ruksak | 2015-04-18 14:08 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

迷える者の禅修行

迷える者の禅修行-ドイツ人住職が見た日本仏教-  ネルケ無方 著 新潮新書 2011/1/20

 安泰寺ー、兵庫県但馬地方の山奥の禅寺です。現在の住職はドイツ人です。
 この本には、タイトルの通り、ネルケ住職のドイツでの生い立ちや座禅との出会いから、住職になった現在までのことが書かれています。
 リンクした新潮社のHPの「立ち読み」で表示される 目次 で現在に至る過程がなんとなくわかっていただけると思います。最後の章に欧米人と日本人の対比があります。
 外国人が書いたとは思えないぐらい読みやすく、笑える箇所がところどころあります。

 世の中にはいろいろな世界があり、普段お寺と関わりのない私には、仏教や禅寺修行の世界を知る良い本でした。また精神世界を再考する哲学書のようでもあります。

 この本を読んで、私も座禅修行をしてみようかという気になりました。しかし、数日間の体験修行では観光気分で終わるだろうし、かといって本格的な修行の厳しさには耐えられないと思いました。
 日々の修行の厳しさもさることながら、上位の人に逆らえない完ぺきな縦社会を、今を生きる人はどのくらい耐えられるでしょう。(「パワハラ」で訴えられることはないんでしょうか)
 修行する確固たる理由や目的があれば、成し遂げられる、に違いありませんが。

 安泰寺の修行のようすは、新潮社のHPの立ち読みの部分でも読めます。同じ立ち読みにある冬の安泰寺の全体写真は、青池保子氏描くキリスト教シトー派の僧院を思い起こさせます。

*安泰寺のホームページもぜひご覧になってください。
[PR]
by ruksak | 2015-03-20 15:36 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

巴里ひとりある記

巴里ひとりある記   高峰秀子 著   新潮社  2011/11/25 (1953年に映画世界社で刊行された本の新装版です)

 高峰秀子さんが「巴里で一人歩き」したのは、昭和26年、27歳のときです。
 人気女優にもかかわらず、半年以上仕事を休んで海外に出かけてしまいました。「映画スタア・高峰秀子」を知る人が誰もいない土地へ脱出したというのが本当のところのようです。半年の休暇を得て、帰国後に「二十四の瞳」はじめ数々の名作を生み出します。
 やっぱりリフレッシュ休暇は必要なんだと思います。高峰秀子さんは5歳で子役デビューしてから20年以上働きづめだったんです。普通の会社でもリフレッシュ休暇の制度をもっともっと広めてほしいです。

 昭和26年のパリや海外旅行について興味がありました。
 この本で印象に残ったことをいくつか・・、 

続く
[PR]
by ruksak | 2015-02-23 15:46 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

ふたつの「北極圏一万二千キロ」の続き

 植村直己氏の『植村直己 妻への手紙』と『北極圏一万二千キロ』を読んでたくさん思うことがありました。先月と昨日の文章で書ききれなかったので、今日も少しお付き合いください。

*寒さ
 犬橇=冬=雪と氷⇒北極圏!! ⇐-30度、40度、50度。
 旅の初めのほうで、「低温に順応・・・」という記載があったので、順応したからこそマイナス何十度の気温の中で活動できたと思いますが・・・。(海)水に濡れながらでも、しかも濡れたら服はすぐにカチンコチンに凍ってしまうのに、外で活動できるのはすごい。

*エスキモー
 今はイヌイットの呼称で呼ばれる人たち。犬橇旅のとき('70代半ば)はまだエスキモーと呼ばれていたんですよね。
 グリーンランド、カナダ、アメリカともエスキモーの村や集落があり、どの村も西洋化が進んでいます。カナダやアメリカのエスキモーの方が進み方が大きく、若い世代は英語しか話さないといいます。老人たちはエスキモー語(といっていいのか)がわかり、海を隔てたグリーンランドとのつながりを感じました。

*極地犬
 またまた犬の話ですみません。犬の扱いも犬自体も、日頃周りやペット番組で見る犬とあまりに違うものだからとても気になりました。
 犬橇用の犬は、グリーンランドとカナダ・アメリカで用立てました。橇をひいた犬たちはペットの犬に比べてたいへん野性的です。
 犬のえさで特徴的だったのは、生や凍った、肉、魚、鳥、お互いが排泄した糞も! そして、飢餓状態のときは死んだ(犬)仲間の肉まで!
 現在の愛玩用の犬たちも世代を遡ればこのように野性的だったでしょうか。

*縫い物
 ほつれた衣類や、犬の胴バンドや紐など、自分で縫って直してました。カナダでひと夏過ごしたときは、セーターを補強するために編み物もしています。氷で足の裏が傷つかないように犬用の足袋を何足も縫ったりしました。
 昼間の犬橇行のあと、夜もテントで地味ではありますが犬橇旅の成功に欠かせない作業をしていたのです。
[PR]
by ruksak | 2015-02-20 13:56 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

北極圏一万二千キロ

北極圏一万二千キロ   植村直己 著   文藝春秋  1976.9.1

 先月読んだ『植村直己 妻への手紙』(文春新書)の手紙の多くが、この犬橇旅の間に出されたものだったので、旅の記録の方も読んでみました。
 この本を読むと、こちらが北極圏犬橇旅の公式記録で、手紙のほうは舞台裏的記録のように感じられました。両方読んで別々の視点で一つの旅を辿ることができました。
 独りで、マイナス30度や40度を超える厳冬期に、犬橇を繰って、移動する困難は想像に難くありません。橇が海に落ちたり、氷原のただ中で犬たちに逃げられたり、犬たちの食糧不足に陥ったりと、危機一髪の状況に何度も遭遇します。困難な状況の克服なしに、「偉業」は達成しません。

 犬橇旅なので、この本では犬のことと、立ち寄る村々で出会うエスキモーのことが多く書かれています。
 エスキモーにとって犬はペットではなく家畜で、橇をひかせるときは容赦なく鞭を振るいます。それは植村氏も同様です。状況が厳しくなれば「犬を殺して食う」とまで考えることもありました。
 しかし、犬たちが植村氏に馴れるにしたがって、植村氏は犬たちのことを自分が養う家族のように思えてきました。こんなに頑張ってくれた、橇をひいてくれた・・・。 
 エスキモーの人たちには犬橇で長旅をしてもこのような感情はやはり生まれないでしょうか。

 アメリカやカナダのエスキモーたちにはスノースクーターが生活の足になってました。当時犬橇をまだ利用していたというグリーンランドでは現在どうなっているでしょう。 

 今わが北海道も雪と氷の季節です。
 植村氏が犬橇を滑らせていたときのように、気温の上下によって、雪が滑りやすくなったり、昼間融けた雪が朝晩凍って靴底にガリガリと音が響きます。
 気温が5度まで上がった先日は、雪融けが進んで道路に水たまりができました。植村氏はこれよりもっと水で覆われた氷原を走ったのだと犬橇旅のことを思い起こしました。

 *北極圏1万2000キロ  ヤマケイ文庫版の紹介ページをリンクしました

  2/25追記: 第一次南極越冬隊隊長・西堀栄三郎氏の序文も必読です。
[PR]
by ruksak | 2015-02-19 14:33 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

まだふみもみず

まだふみもみず    檀 ふみ 著    幻冬舎 2000.6.10  /幻冬舎文庫 2003.7.31

 いろいろなところに発表した短いエッセイが一冊の本にまとめられてます。
 役柄とは別の 檀ふみ という人物の人となりがわかります。ざっくばらんで、気取りがなくて。

 海外旅行がテーマの文章の中に、

 人には「郷に入っては郷に従え」のタイプと、どこに行っても「おらが流」をまかり「通す」タイプの二種類あるとは思っていたが、・・・

 という文がありました。
 自分はどうかと振り返るに、日本食はなくてもいいから、「郷に入っては郷に従え」のタイプのような気がするけれど、手で食べるよりスプーンかなにかあったほがいいし、洋式水洗トイレが好ましいし・・。
 無理せず、「郷に入っては郷に従え」ばいいことにしましょう。 

※1/29追記
 恋にまつわるエッセーも収録されているけれど、文庫の解説を書かれた瀬戸内寂聴先生によれば、‘失恋の話などあるけれど、こんなものは恋ではない’ ですと。先生!素晴らしい。
[PR]
by ruksak | 2015-01-24 15:58 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

植村直己 妻への手紙

植村直己 妻への手紙   植村直己 著   文春新書  2002/10/21

 本書の大部分は「北極圏一万二千キロ」の犬橇旅の遠征先からの手紙になっています。 
 読み始めて最初に感じたのは、「こっ恥ずかしい」でした。
 婚約時代に、そして新婚のときに愛する女性に宛てた手紙だから、そう思われて当然かもしれません。

 植村氏の冒険は他の著作や映像で知ることができますが、奥さんへの手紙からつい本音が出てしまう魂の叫びのようなものを感じました。
 手紙って訴えかけてくるものがあるんです、・・第三者が読んでも。どうしてなんだろう。

 北極圏の犬橇旅でも手紙を出したり受け取ったりできました。
 だいたい「何月何日頃どこそこの村・町にいるから(着くから) ここに送って」と郵便局・警察署や知り合いの住所を知らせて手紙を受け取ってました。電話が使えるところに行ったら電話で会話もできました。 
 電話なら同時に気持ちを伝えることができます。手紙は一方的に伝えるだけになってしまいます。もっと電話が使えたら、あるいは現代のように瞬時にやり取りできる通信機器があったらと思われたでしょうか。

 他の人の旅先からの便りを読んで自分の手紙を思いました。
 あんな文面でも便りがないよりはいい、かどうか・・・。 
  (旅先から送った我が手紙は カテゴリ>外国便り にあります)
[PR]
by ruksak | 2015-01-10 13:14 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

紅茶のある風景

紅茶のある風景 -暮らしてみたイギリス紅茶の世界
土屋 守 著   阿部 真由美 絵    曜曜社出版  1996/6/5

 タイトルに私の好きな、 イギリス と 紅茶 があったら、開かにゃいけないでしょう、ってことで読んでみました。
 イギリス滞在経験に基づいた紅茶のトピックと、パステル調の多数のイラストが、憧れの英国暮らしを演出しています。

 格式のあるホテルで ‘アーリー・モーニング・ティー’のサービスを受けたエピソードが書かれています。寝室にお盆に載せたティーセットが運ばれて、ベッドの中で朝一番の紅茶がいただけます。
 アーリー・モーニング・ティーは、奥さんのために旦那さんが淹れる役目だったそうで、年配の方のなかには現在でもこの習慣を続けているご夫婦があるようです。

 私も、 アーリー・モーニング・ティーを、以前いただいたことを思い出しました。
 アフリカ・カリバ湖ツアーのあとで、ツアーで一緒だった女性のオックスフォードのお宅を訪ねました。夜寝る前に、朝紅茶を飲むかと聞かれて、yesと答えたら、モーニングティーをお盆に載せて持ってきてくれたんです。
 西洋風な、お姫様気分がしました。

(カリバ湖ツアーは、タグ・'91アフリカ で 少し書いてます) 


* 庭@千草 ・・イラストレーターの阿部真由美さんのブログです。絵柄がイギリス本の挿絵にピッタリ合ってます。
[PR]
by ruksak | 2014-12-08 16:30 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

ベトナムぶらり旅


ベトナムぶらり旅 イラストで描く庶民の生活  小坂 國男 著   花伝社 2014/5/20

 ホーチミンからハノイまでの一か月の旅を、イラストとイラストに添えられた文章でたどります。
 1ページに二枚ずつ、絵日記を読むよう。
 口絵7ページに本文のイラストのいくつかがカラーで掲載されてます。全部カラーで見たいところですが、しかたないです。
 
[PR]
by ruksak | 2014-11-19 13:56 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

カスバの男

カスバの男 モロッコ旅日記   大竹伸郎 著   集英社文庫   2004.7.25

 11日間のモロッコの旅を文章のほかに旅行時のスケッチとその後に制作した銅版画で記しています。(写真も)

 この本を読むまで大竹伸郎という芸術家を知りませんでした。偶然にも先日NHKの「日曜美術館」でお姿を拝見しました。現在もバリバリ活動されてます。

 この本で描かれたモロッコの情景はもちろん大竹氏の目を通して表されたもので、悲しいことに芸術家の方の文章は頭に入っていきませんでした。絵や版画のほうが著者がモロッコで感じた心情が伝わりました。解説を書かれた角田光代さんは、読み終えててすぐにモロッコ行きの航空券を買いに走ったそうで、角田さんは著者の感性を十分吸収されております。

 そんな私に確実に伝わったことは、観光客目当てに言い寄ってくる人が多いこと! です。
 例えばマラケシュでは、
人、人、人の大広場を歩くと、タンジール港に着いたときのガイドの執拗さの、10倍ぐらいの圧力で金を目的に言いよってくる。金だ。金がすべてだ。ここではなにはともあれ金がすべてなのだ。カメラ持つ手に思わず力が入る僕は、ここではヨソモノのカモでしかない。(p119より)

 心して行くようにってことですね。
[PR]
by ruksak | 2014-10-14 23:34 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)


2018年のカレンダーを  ご希望の方に


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ

最新の記事

ベルリンでぷらぷら
at 2017-12-13 15:50
イスラーム圏で働く
at 2017-10-28 15:42
2018年カレンダー
at 2017-10-26 16:11
秋のバラも素敵
at 2017-10-09 02:02
知事公館に秋の足音が
at 2017-10-07 01:30

カテゴリ

カレンダー
はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本

最新のコメント

ばななさん こんば..
by ruksak at 01:22
こんばんは。 カレンダ..
by bananan_bou at 21:32
ばななさん さっそ..
by ruksak at 11:23
こんばんはー。 今年も..
by bananan_bou at 17:19
ばななさん!! う..
by ruksak at 15:21
こんばんはー。 好きで..
by bananan_bou at 20:56

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(46)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(26)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング