<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

夕食/二日目&三日目(最終日) ~杏花樓 1

*杏花樓(ヒョンファーラウ) Heng Fa Lau
 場所:佐敦 西貢街 マジェスティックホテルの向かい

*オーダー
 食べたものを順にあげていきます。メニューが中国語と英語のほかに日本語の三ヶ国語で書かれています。日本語があると注文が楽ですね。
・美食(食事)
 ・金菇肥牛巻/エノキの牛肉巻 
  Beef Fillet Roll with Golden Mushroom
  麺、ビーフン、白飯、菜飯のどれかがついて HK$28(420円)
  菜飯(Rice with Vegetable)を選びました。刻んだチンゲン菜入りのご飯でした。
  彩りがよかったです。牛肉巻は甘味でした。
 ・浄上湯菜肉餛飩(韮菜)/ニラワンタンのチキンスープ
   Pork & Chives Wonton in Soup HK$25(375円)
  ワンタンに入っているニラがおいしい。スープに小ぶりのチンゲン菜が二本浮かんでます。これまたチンゲン菜の青味が鮮やか。
 ・南京牛肉/(日本語もそのままだったか) Nanking Beef HK&28
  こちらもご飯か麺がつきます。上海麺を選びました。
 ・浄西生菜鯪魚球/つみれのレタススープ Fish Ball with Lettuce HK$25
つみれがいまいちです。
 「鯪」は中日辞書を見ると、「コイ科の淡水魚、珠江(マカオの上の方)流域で獲れる」とありました。このつみれはそのお魚でしょうか。
 スープに煮込んであるレタスはさくっとした食感がよかったです。レタスは生で食べることが多いですが、煮たり焼いたり加熱してもおいしいですね。
 ・上海麺 HK$14(210円)
  上海麺を単品でたのみました。上海麺の日本語訳は上海ラーメンになってました。ラーメンというよりも、うどんに近いと思います。麺は白いですよ。
  上海麺について、「ウドンのように太い、味付けがあっさりしていて、日本人の口に合うだろう」と説明しているガイドブックがありました。

・甜品(デザート)
 ・姜撞原牛奶/しょうがミルク Ginger Milk HK$19(285円)
  プリンより柔らかめ。甘苦く、のどがヒリヒリします。
 ・西米皮麻蓉湯圓/胡麻団子(タピオカの皮) 
  Sago Sweet Ball with Sesame HK$15(225円)
  しょうがシロップの中にタピオカの皮にくるまれたゴマのお団子が浸かってます。
  タピオカの皮? いわれなければ日本で食べるお団子の皮と違いがわかりません。
  ゴマのこってり感としょうがシロップの甘辛感が不思議と合います。
 ・香滑芝麻糊/胡麻のおしるこ Sesame Soup HK$14 
  お団子になる前のゴマ餡がお茶碗一杯に!
 ・百合紅豆沙/ユリぜんざい Red Bean Soup HK$12(180円)
  日本のぜんざいとかわりません。ユリ根がはいってます。

 しょうがミルクと胡麻のおしるこについては別に項目を立てて熱き想いを語ります。

※杏花樓の「樓」は「楼」の難しい漢字です
[PR]
by ruksak | 2007-01-31 08:07 | 香港 | Trackback | Comments(0)

夕食/一日目 ~新海天茶餐廳 2

<茶餐廳(チャーチャンテーン)のぶっかけごはん>

 香港観光局で出している「香港Express」という情報紙の2006.5/6月号に茶餐廳の特集が載ってました。
 一部を抜き書きすると、
“なんでもあって、早くてお得、そして自由、という感覚がまさに香港そのもの!
 ビジネスに忙しい香港人たちのランチの定番は、わしっとかき込めるぶっかけごはんにお好みのドリンク”
だそうです。
 私は夕食セットでしたが、ほんとに注文してから早くきて、大皿にごはんとおかずがどっさりのっかっていて、これを食べきるのは一仕事です。
 そこはちょっと前の世代の悲しい性格、残すのはもったいない!と食べきるつもりでスプーンを取りました。そうでなくても広東オペラの開演時間まで間がなかったので急いで食べなくてはいけなかったのです。
 気合を入れて、パクパク、パクパク。
 急がなければ。
 トウガンサクサク、豚肉も柔らか、ごはんといっしょにかっこみます。
 あんまり噛んでなかったかも。
 スープとミルクティーも合間に飲んで。あー、忙しい。
 機械のように食べる私の姿を見て、姉が目を丸くしてました。
 食べるのが遅い私が別人のようだと。
 私自身も人が変わったような気がしてました。
 気を入れて食べたおかげで、開演時間に十分間に合いました。もちろん残さず。
 茶餐廳のぶっかけごはんはわたしにとってはかっこみごはんだったかな。
[PR]
by ruksak | 2007-01-30 20:18 | 香港 | Trackback | Comments(2)

夕食/一日目 ~新海天茶餐廳 1

 香港に着いた日は夜遅かったので、観光初日を一日目としました。
 今夜は広東オペラの公演会場の近くのお店に入りました。

*新海天茶餐廳
 住所:G/F, 211 Sha Tsui Road, Tsuen Wan(荃湾/ツェンワン)

*オーダー/今日の午餐から
 姉:D 厦門炒米粉(アモイ風焼きビーフン) HK$22(330円)
 私:C 冬瓜火腩飯(トウガンと豚ばら肉炒めのせご飯) HK$22
 (たのまなかったAとBはメモし忘れました)
 午餐メニューには本日のスープがつき、コーヒーorティーを選択します。ティーはミルクティーでした。

 姉の焼きビーフンはオレンジ色でした。この色はもしや…という先入観を持って味見したからかもしれませんが、私にはナポリタン味に思えました。
 ビーフンにナポリタン味は合わないと思ったけれど…、姉は悪くないと言ってました。
 私もスパゲッティの味付けにを焼きそばソース(←麺に付いてる粉末の)を使ったりするから、ありえない味付けではないですよね。慣れれば好きになるかも。それにしてもこのような焼きビーフンはアモイでよく食べられているのでしょうか。
 私がたのんだ料理はご飯におかずがのっかった、いわゆるぶっかけご飯です。このお店ではお皿に盛られてきたので、オムライス型のご飯の横におかずがのってました。ルーをご飯の↑に盛らないカレーライスみたいなもんです。
 拍子木切りのトウガン(ウリですね)と同じく拍子木切りの豚肉が水気の多い汁にからめて炒めてあります。
 味は―、中国風の味がしました。
 まったく無責任な表現で申し訳ありません。
「中国風」の味がどういう味かは残念ながら説明できないんですけど、前に中国を旅行したときに食べたお弁当が浮かんだんですよね。
 何で味付けしてるんでしょう。私が個人的に思い込んでいる中国の味ですか。そんなに好きな味ではありませんが。
 本日のスープは塩コショウ味。コショウ利きすぎかな。スープがこげ茶色です。
 私は割と好みの味だったけれど、姉はそうでもなかったみたいです。
 スープの中にウリのような野菜がゴロンと入ってました。お店のお姉さんに何か書いてもらいました。
「老黄瓜」
 黄瓜=きゅうり、です。きゅうりって漢字の日本語読みそのままの名前だったんだ!
「老」を中日辞書で調べたら、「老」のいくつかの意味のなかに、「煮すぎる」というのがありました。なので、「やわらかく煮込んだきゅうり」なのかな。
     
[PR]
by ruksak | 2007-01-27 11:43 | 香港 | Trackback | Comments(2)

朝食/四日目(最終日) ~Popeyes Chicken & Biscuits

*Popeyes Chicken & Biscuits
 場所:香港国際空港 出発ホール東側7階 フードコート

*オーダー
 チキンナゲットとポテトフライのセットを二人で分け合う

 香港最後の日の朝は空港でファーストフードです。
 機内食に備えて軽く済ませました。
 中華にしないなんて、すっかり帰るモードだったんですかね。この上の階に「恒香棧」があったんですよ。次にこの空港を利用するときに行ってみましょう。
 
 このお店にしたのは、このフードコートの並びのフロアガイドのボードのところで、お店の紹介を兼ねたクーポンブックを見つけたからでした。
 姉には目ざといと言われたけれど、“たまたま”見つけたんです。
 それにあるものは利用したほうがいいじゃないですか。20%割引でチキンナゲット・セットをいただきました。
 皆様、香港国際空港のフードコートで食事するときは、注文する前にフロアガイドの前にクーポンブックがあるかどうかチェックですよ。

<お昼は茶館で済ませたようなものなので、昼食は省略して、次回から夕食です>
[PR]
by ruksak | 2007-01-27 10:16 | 香港 | Trackback | Comments(0)

朝食/三日目 ~恒香棧 2

 恒香棧は観光局のクーポンブックに次のように紹介されてました。

香港スタイルのレストランで、中国料理や伝統的な香港料理の数々を楽しめます。化学調味料を使わないお粥や麺、老婆餅、春巻き、広東風のバーべキューなどを提供しています。

おすすめは老婆餅(冬瓜入りケーキ)や、14種類のバリエーションがある春巻きなど。照り焼きポークや、恒香棧オリジナル鴨ローストの春巻きが人気。
 テイクアウト用のメニューを持ち帰りました。ほんとにメニューが豊富で、単品だけでなくセットメニューもあり、あれもこれも試してみたくなります。

More
[PR]
by ruksak | 2007-01-25 07:33 | 香港 | Trackback | Comments(3)

朝食/三日目 ~恒香棧 1

*恒香棧(ハンヒョンツァン) Hang Heung's Kitchen
 場所:尖沙咀 ニューワールドセンター 3階

*オーダー
 姉:咸蛋粟米粥 Salty Eggs & Sweet Corn Congee HK$28(420円)
   玉子とスイートコーン入りお粥
 私:竹笙粟米香菇粥 
   Sweet Corn,Mushroom&Banmboo Piths Congee HK$28
   スイートコーンとマッシュルーム、きぬがさたけ入りお粥
 トッピングまたはおつまみに、ピーナッツとお新香風漬物あり(お茶は温かかった)

 粟米=スイートコーン、香菇=マッシュルーム(キノコ類)、竹笙=きぬがさたけ(?)、玉子がお粥に混ざってます。お粥がメインのお粥でした。
 「竹笙」は何かと調べると、「きぬがさたけ」という高級食材と答えが出てきました。そのような高級なものが入っていたかどうか今となっては定かではありません。
 このお店は九龍半島先端のショッピングセンタービルにあります。そのため昨日までのお店より料金は高いですが、量も多かったです。大どんぶりになみなみ注がれたお粥が運ばれてきました。けれどお粥はぜーんぶおなかに入ってしまいます。
 
 このお店は観光局のクーポンブックのワンタン麺無料サービスを目当てに来たのでした。
“100HK$以上のお食事で、照り焼きポークが一皿無料。または、ワンタン麺1品注文でもう1つ同じワンタン麺をサービスに。”
 ワンタン麺とほかの料理を一品ずつたのめば、ワンタン麺が二人分になり、そしておかずを分け合えばいいというもくろみでした。(ワンタン麺は「100HK$以上のお食事」とは関係ないですよね)
 しかし! 
 クーポンが使えませんでした。
 ワンタン麺は11時からなんですって。
 クーポンの適用時間が11時からなのか、ワンタン麺のサービスが11時からなのか、そこのところは不確かなんですけど、とにかくクーポンが使えませんでした。
 ここまではるばる来た意味が…。
 スターフェリー乗り場の観光局から海岸沿いのプロムナードを歩いてきました。意外と遠かったです。1キロ近くあったと思います。お粥が美味しかったからいいんですけど…。
[PR]
by ruksak | 2007-01-22 21:02 | 香港 | Trackback | Comments(0)

朝食/二日目 ~適香園茶餐廳

*適香園茶餐廳 Sik Heung Yuen Restaurant
 場所:佐敦 西貢街 マジェスティックホテルの向かい

*オーダー
 姉:鮮魚片粥  HK$20(300円)
   白身魚のお粥
 私:鮮蝦雲呑麺 HK$20
   エビ入りワンタン(雲呑)麺

 ラーメン、うどん、スパゲッティetc. 私は麺類が大好きです。
 それで今日はワンタン麺にしました。
 香港のメンの定番といえばワンタン麺(by 香港公式ガイドブック)、なおかつワンタンの具はエビがもっともポピュラーだそうです。
 そういうことは別にしてもエビ入りはおいしそうですよね。
 私がたのんだワンタン麺は、味は可もなく不可もなく、ただ、どんぶりが小さめで、もっとたくさん食べたかったです。値段に見合った量ですね。ワンタンもガイドブックに載ってる写真のようなゴロンとしたものではなく、ほどほどの大きさでした。 
 姉のお粥もさっぱり味でよろしかったです。

 このお店は前の日に行った彌敦粥麵家の二、三軒隣にあります。同じような大衆食堂でも、片方はガイドブックに載り、片方は載らない、どうしてなんでしょう。今日のお店の方が安いし、お店も広いんですよ。一度行っただけでお店の違いを見つけるのは難しいですけどね。

※茶餐廳(チャーチャンテーン) (最後の漢字は「丁」の難しい字です)
 最近香港グルメの読み物などでこの名前をよく見るようになりました。
 NHK「アジア語楽紀行~旅する広東語~」のテキストによると、茶餐廳は大衆食堂と喫茶店を掛け合わせたお店だそうです。そして香港のラジオ局のアンケートで「もっとも香港らしいもの」の1位に挙げられているそうです。(テキスト42p)
[PR]
by ruksak | 2007-01-20 16:00 | 香港 | Trackback | Comments(2)

朝食/一日目 ~彌敦粥麺家

*彌敦粥麵家(ネイトンジョッミンガー) Nathan Congee & Noodle
 場所:佐敦 西貢街(Saigon St.) マジェスティックホテルの向かい
 
*オーダー
 姉:魚片牛肉粥 HK$22(330円)
   薄切り白身魚とふわふわ牛肉のお粥 細切りしょうが入り
 私:皮蛋痩肉粥 (ノートに値段をメモってない!姉と同じHK$22だったはず)
   ピータン(皮蛋)と薄切り豚肉のお粥

 香港の朝粥を一度食べたかったです。以前のパッケージツアーは朝食付きだったので外に朝食を食べにいくことがありませんでした。

More
[PR]
by ruksak | 2007-01-19 08:00 | 香港 | Trackback | Comments(2)

食事編/イントロダクション

 香港のガイドブックやホームページにあって、ここにないもの。
「食事」ですね。
 “画”がないから美味しさが伝わらないなあと思って、このブログでは優先順位をあとにしてました。“画”がないから、不味さも伝わらないかもしれない(それでは何を書いたかわからない)ので、次回から香港グルメ編に突入です。
 料理別にするかお店別にするか…。
 日記風に出かけたお店別でいきます。
 読み方がわかったお店や料理にはカナを振ります。広東語と北京語とごっちゃになっていたらごめんなさい。(カナを振る意味ないかしら)
 ガイドブックに載っていたら本の名前も合わせてご紹介。(これも意味ないかしら)
 
 今回は二人旅だったので、テーブルクロスを敷いたレストランに行ってみたかったです。近場のお店ですませてしまって行けませんでした。私としてはそれが心残りでした。
[PR]
by ruksak | 2007-01-18 07:49 | 香港 | Trackback | Comments(2)

お茶 ~ジャスミン茶はオーストラリアの味

 香港の旅、お茶の話から再開です。といってもこの回では香港が出てこないかもしれません。


 中国のお茶について話してきたけれど、「中国茶」といえば一番に思い浮かぶかもしれない、ジャスミン茶のことを何も話してませんでしたね。
  茶館でたのまなかったし、お土産にも買わなかったんですね。ホテルの部屋に備え付けのティーバッグを飲んだぐらいでした。
 中国茶の中でジャスミン茶はそれほど好みのお茶ではないんですよ。
 ジャスミン茶にはちょっぴりせつない思い出があります。

 アフリカのキャンピングツアーに参加する前、オーストラリアを長期旅行してました。
 その頃流行っていた、転職&キャリアアップのブームにのって、勤めを辞めたのでした。
 もっともらしい理由をつけて辞めたけれど、確固としたビジョンを持っていなかったので、結局は遊びたかったんだと思います。糸が切れた凧のようにオーストラリア大陸を浮遊してました。
 そのときは私もまだバックパッカーでした。泊まるところは自炊設備のあるユースホステルやバックパッカーズです。
 日本の食料品がほしいときは中国系のスーパーマーケットに買いに行きました。品数は少なかったですが、中国系のスーパーで日本の商品が買えました。インスタントラーメンやそうめんを買いましたかね。
 日本のお茶はなかったので、かわりにジャスミン茶のティーバッグを買ってました。菊だったか、お花の絵のある黄色いパッケージのジャスミン茶です。日本でもお店で見かけることがあります。
 日本のお茶が手に入らなかったので仕方なしにジャスミン茶を飲んでた感があります。
 自由な時間が得られて、オーストアラリアで好き勝手なことをしていたけれど、その一方で社会の荒波の中を生きていくことに不安を感じることがありました。
 ジャスミン茶は楽しかったことも寂しかったこともあったオーストラリアで飲んでいたお茶なのです。
 二年ほど前に横浜中華街のお土産にジャスミン茶をもらいました。オーストラリアで飲んでいたのと同じお茶でした。飲むとオーストラリアにいた頃のことが脳裏によみがえりました。
[PR]
by ruksak | 2007-01-15 08:01 | 香港 | Trackback | Comments(0)


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

ブログパーツ

最新の記事

極北シベリア
at 2017-03-25 16:16
パンケーキのお店 祝2周年
at 2017-02-12 15:42
JKT48が札幌にやって来た!
at 2017-02-06 00:08
新しい年に
at 2017-01-14 15:06
海外旅行フェアで
at 2016-11-01 00:01

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん 冬はな..
by ruksak at 15:05
こんばんは。 冬の美瑛..
by bananan_bou at 20:17
ばななさん あけま..
by ruksak at 17:39
あけましておめでとうござ..
by bananan_bou at 21:08
hnkさん、今月の旅行楽..
by ruksak at 02:37
ミュウミュウ バッグさん..
by ruksak at 03:12

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(32)
(30)
(29)
(28)
(25)
(21)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(3)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ