<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

出かけてまいります

 日付が変わり26日となりました。
 ただいま東京に来ております。
 今回は国際線が午前便の関係で東京に前泊しています。秋葉原のネットカフェから発信しています。ついにネットカフェに泊まるようになってしまいました…。
 午前6時前にここを出なければいけません。これから寝られるのでしょうか。

 今度の旅は、香港⇔スワトウ⇔潮州⇔できれば茶畑、と考えています。
 香港とスワトウは通過するだけで潮州がメインの予定ですが、その通りになりますかどうか。
 5月2日に帰国報告ができればと思っています。

 ちょっと早いですが、
 皆様、よいゴールデンウィークを!
 
[PR]
by ruksak | 2007-04-26 01:02 | 中国 | Trackback | Comments(2)

ATM

 行く先のお金をどのように用意されますか。
 行くところによるかもしれませんが、私はもっぱら現地に着いてからカードキャッシングしています。クレジットカードが使えるATMでお金を引き出します。
 レートや手数料を考えると、金額的にはお得とはいえないかもしれませんが、ATMキャッシングが外貨を手に入れるのに一番手軽かなと思うのです。
 

More
[PR]
by ruksak | 2007-04-23 21:00 | ブラジル | Trackback | Comments(0)

ジュース 2題 (その2)

*フレッシュジュース
 私がブラジルで旅したところは亜熱帯性気候ということで、南の地方の果物が美味しかったです。
 リオ・デ・ジャネイロの次に訪ねたパラチーで泊まった宿では、朝食は絞りたてのフルーツジュースがサービスされました。キッチンのほうからミキサーをかけるゴーという音が聞こえてきましたよ。

 リオ・デ・ジャネイロの宿の近くにフレッシュジュースも供するスタンドカフェがありました。
 好みの果物を選んでミキサーで引いてもらうのですが、どうやってたのんだらいいかわからなかったので、コーヒーとパイを注文して食べていました。
 隣のおじさんが飲んでるジュースがとても美味しそうです。乳白色のとろみのあるジュースです。
 なんのジュースかと尋ねると、「バナナ」と、ほかの女のお客さんが教えてくれました。
 私も同じものをたのみました。2.5レアル(138円)でした。
 甘味は少なくゴクゴク飲めます。
 果物をその場でジュースにして飲めるのがいいですね。
 日本のジューススタンドももう少し安くなるといいのになと思います。
[PR]
by ruksak | 2007-04-21 19:40 | ブラジル | Trackback | Comments(0)

ジュース 2題 (その1)

*ココナッツジュース
 コパカバーナの路上でココナッツジュールを売ってました。一杯1レアル(55円)です。
 台車つきのクーラーボックスを台にして、その上にみかん箱より一回り小さいクーラーボックスが乗っています。上のボックスの下の方に蛇口がついていて、そこからジュースが出てくるようになっています。
 クーラーボックスには FASTCOCO 100% NATURAL と書かれてました。
 クーラーボックスにココナッツジュースが足りなくなると、ココナッツをその場で割ってジュースを足しています。ほんとにナチュラルですね。
 おばちゃまがひとつたのんでいます。
 わたしも試してみようっと。おじさん、ひとつおねがいします。
 蛇口から透明なココナッツジュースがちょろちょろとコップに注がれます。
 ココナッツジュースのお味は?
 ―無味無臭、でもお水とは違うんですね。植物の成分がなにか入っているから?

 ココナッツジュースといえば、カンボジアでココナッツジュースをご馳走になったシーンが忘れられません。
 アンコール遺跡群の主だった遺跡には、みやげ物や飲み物売りが売り物を並べて、あるいは売り物を抱えて観光客を待っています。飲み物を売っていた18才の女の子としばらく話していたら、その子が自宅に案内してくれました。
 遺跡の周りは水田が広がる農村地帯です。女の子の自宅は遺跡を囲む塀を出たすぐの村にありました。木造の高床式の住まいです。南の国を思わせますね。
 私と友人が訪ねたとき、ご両親はお昼寝されてたようです。娘さんが突然観光客を連れて行ったものだから、あわてて身づくろいされて、それでも嫌な顔をせずに迎えてくれました。お休みのところ申し訳なかったです。
 お宅に上がると、ヤシの実をその場で割って飲み物の用意をしてくれました。ヤシの実ジュースをコップに注いで、「どうぞ」と勧められました。常温で置いておいたヤシなので冷えてませんでしたが…。
 お客様がいらしたら、「お茶をどうぞ」と飲み物を出しますよね。
 日本だったら日本茶ですか?(最近はほかの飲み物かな?) 
 カンボジアでも飲み物を勧めるのは同じでも、ヤシの実のジュースでもてなすのだなとお国柄の違いを感じたものでした。

※カンボジアでは西洋的な「ココナッツ」よりも「ヤシの実」のほうが合う気がして、「ヤシの実」で書きました。
[PR]
by ruksak | 2007-04-19 19:42 | ブラジル | Trackback | Comments(0)

お茶の産地に行きたくて

 皆様、ゴールデンウイークの予定はお決まりですか。
 わたくしめは、4/26~5/1まで、美味しいお茶を求めて中国のスワトウ・潮州方面に行ってまいります。
 去年香港で味わった、鳳凰単叢(ほうおうたんそう)の味と香りがあまりによかったので、産地に行ってみたいと思ってました。(よかったら2006.8.12の記事をご覧になって)

 あるホームページ>老地方茶坊主>産地を訪ねる>鳳凰山を訪ねる ←の場所です。
 個人で行くのは無理かもしれません。行けない時は町のお茶屋さんでお茶を買って帰ります。新茶が飲めたらうれしいです。
 また前の旅の記録が終わる前に次の旅行が始まってしまいました。重なる期間を一ヶ月ぐらいにしたいと思っています。果たして…。
 そのため旅行前はブラジル旅行の思い出をせっせと書いていきます。
[PR]
by ruksak | 2007-04-18 18:39 | 中国 | Trackback | Comments(2)

ドイツ 町から町へ

ドイツ 町から町へ  池内 紀 著  中公新書  2002.11

 新聞の日曜版に連載していたものを新書にまとめたものです。
 ドイツ各地の都市について、それぞれ2ページぐらいの分量で書かれています。
 知っている名前もあれば…、初めて聞く名前のほうが圧倒的に多いです。
 連載分から三分の一近くは本に掲載しなかったそうです。本に載らなかった町も読みたかったです。
[PR]
by ruksak | 2007-04-17 20:31 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

マラカナン・スタジアムの驚愕の真実

 大げさなタイトルをつけてしまいました。
 サッカー業界やとある社会では知られたことかもしれませんが、日本の普通社会から来た私にはドッキリでした。 ― 競技場のトイレについてです。

 試合が始まる前にガイドのアレクサンドラがトイレに行くというので、オーストラリア人の女の子と三人でトイレに行きました。
 女子トイレに入る前にアレクサンドラがなぜか、笑みを浮かべています。
 女子トイレには個室が3個ありました。
 アレクサンドラが、「ジャーン、ドアがないのよ、ウフッ」と、一番奥の個室に入りました。
 えっ? 個室に扉がない!? 
 中国か!(タカアンドトシ風にお願いします)
 扉がないから個室の中が丸見えです。しゃがむ式で、もちろん水洗です。
 男子トイレの個室もきっと扉がないでしょうね。
 あとでアレクサンドラに聞いたら、
「さあ、わかんない。たぶん安全対策じゃない?」とのこと。
 アレクサンドラは20代前半~半ばの女の子です。ここのトイレに扉がないのに慣れているのか、さっと用を済ませてトイレを出て行きましたね。
 扉のないトイレって中国だけではないんですね。今は変わってると思いますが、「中国のトイレには扉がない」と以前よく云われてました。

 サッカー観戦記の締めくくりとして、ひとつ。
 記念に持ち帰った観戦チケットの裏側を見てみると、開催日時や場所、そのほかなにかたくさん書かれてました。
 そのなかに、R$7.00の文字が。…7レアルの座席だったの!? 
 7レアルは日本円で385円。観戦ツアー代は50レアル(2750円)。
 うーん、うーん…、ツアー代には車代、ガイド料も含まれてるから…、屋台のおいしい焼き鳥も食べられたから…、それにひとりで見に来るのは無理だろうから、観光客にはこの料金でいいのでしょう、…うーん。
 観戦チケットと観戦ツアー代の違いも驚きの真実でした。
[PR]
by ruksak | 2007-04-16 21:24 | ブラジル | Trackback | Comments(2)

リオ・デ・ジャネイロでサッカー観戦 ~熱きサポーターたち

 面白かったです、サポーターたちを見るのが。
 ある意味試合を見るより面白かった…。

 サポーターの背中越しに試合を見ることになるので、サポーターたちの動きがどうしても目に入ってしまいます。
 太鼓(サンバ・ドラムというもの?)を持つ人、チームの巨大な旗を持つ人、試合前から興奮気味です。
 審判がフィールドに出てきたときからコーラスが始まり、旗がスタンドを走りました。
 コーラスに振りがついてサポーターが一体になって踊ります。上半身裸の男たちが一糸乱れぬかもしれない応援に目を見張りました。
 あるときは、聖者が街にやってくる♪のメロディで。
 あるときは、手を振りかざしながら ♪パン・パ・パン・パン、FOGO! と。
 試合の経過に合わせて、ブーイングと歓声が沸き起こります。
 T-シャツを着てる人もいましたが、裸の人が目に付いてしまいました。
 暑さのためか、応援に命を賭けた証でしょう。
 女性のサポーターはというと、女の人の姿は私のところからは見えませんでした。
 熱血サポーターたちもハーフタイムのときは座ってました。

 Jリーグのサポーターの応援もこんな感じですか。
 今までサッカーの試合を見に行ったことがなかったので、サポーターたちのひとつひとつの動作に目を奪われました。
[PR]
by ruksak | 2007-04-14 17:42 | ブラジル | Trackback | Comments(0)

リオ・デ・ジャネイロでサッカー観戦 ~観客席で

 芝の上では選手たちが、両ゴール裏のスタンドではサポーターが熱戦を繰り広げています。
 ボタフォゴ・サイドのサポーター席の後ろで一般の観客が観戦しています。観客は多くありません。
 いえ、ほんとうに多くないといっていいのでしょうか。
 マラカナン・スタジアムは10万人収容できるそうです。座席が十分の一しか埋まってなくても観客1万人ですよね。だから、競技場のキャパシティに比べて観客が多くなかったと言い換えますね。
 
 同じブロックに座った観客の多くは、私たちチェ・ラガルトの観戦ツアーと同様に、ツアーを組んで見に来た観光客ではないかと思います。なんといってもカメラ(デジカメ)を持っていたし。観光客席だったのかしらね。
 試合の間、物売りのお兄さんやおじさんが観客席を行ったり来たりしてました。
 ビール、ソフトドリンク、ポップコーン、スナック…、そしてユニフォーム。
 ボタフォゴのユニフォームはストライプ柄です。白と黒だったか。
 記念に買おうかなとチラっと思ったけれど、だれも買わいのでやめました。
 水物はすぐに汗になるかトイレに行きたくなるので控えてたんですが、周りの人たちがみんな何か飲んでいたり、ほんとにしょっちゅう売りにくるものだから、私もついに物売りのおじさんを呼び止めました。
 品物をよく見ないで買ったら炭酸飲料でした。しかもほんの少しアルコール入り。半分以上飲んでからアルコールが入っていることに気づきました。頭と体で。体は熱く、頭はもうろうとしてしまって。試合の後半は半分船を漕いでました。そのまま寝たかった…。

 飲み終わったら空き缶が残るわけで、観客席には空き缶拾いも右から左からやって来ます。
 大きなゴミ袋を持った少年たちが空き缶を拾って歩いています。このままこの仕事を続けて、大人になったらここの物売りになる子がいるのかなと思いました。
[PR]
by ruksak | 2007-04-12 20:49 | ブラジル | Trackback | Comments(0)

リオ・デ・ジャネイロでサッカー観戦 ~試合開始!

 リオ・デ・ジャネイロの有名なクラブチームは
 ・ボタフォゴ(Botafogo)
 ・フラメンゴ(Flamengo)
 ・フルミネンセ(Fluminense)
 ・バスコ(Vasco da Gama)
 の4チームだそうです。
 今日はこの中から、ボタフォゴとフルミネンセが対戦します。両チームの特徴や人気の度合いはまったく存じませんが、ボタフォゴサイドに来たのも何かの縁ですから、私もにわかサポーターになって、ボタフォゴの勝利を願います。

 サポーターたちは試合開始前から声援を送っています。
 太鼓叩く人、旗振る人、みんなでコーラス。でも、なかなか点が入らないですね。
 ゴール近くで相手に倒されたとき、シュートを失敗したとき、サポーターのボルテージが上がります。
 相手がフリーでシュートした決定的瞬間をミスしたときのボタフォゴ・サポーターの喜びようといったら! シュートがゴールポストのほんの右脇を通り抜けたのです。ボールがあっという間に見えなくなって、私は入ったのかどうかよくわかりませんでした。サポーターたちがあまりに喜ぶのでボタフォゴのシュートが入ったのかと思って、私も一緒に飛び上がって喜んでしましました。
 「ゴールしたかと思う」…とは、自分のチームがどっちかもよくわかっていなかった…、このときはまだ。
 両チーム得点なく、0対0で前半が終わりました。

 ハーフタイムをはさんで後半、我がボタフォゴ・チームは、念願の先制ゴール!!!!!
 このまま終了かと思われたロスタイムに、フルミネンセがまさかの同点GOOOL !!
 ボタフォゴ・サポーター席は静まりかえります。
 気を取り直して、延長戦へ。
 延長戦でも決着がつかず、PK戦へ。
 私たちの側のゴールポストがPK戦の舞台になりました。
 フルミネンセが先に蹴り、ボタフォゴの3人目が失敗! (まだ可能性はあるから) 
 フルミネンセ4人目が落ち着いてシュートを決める!
 ボタフォゴの4人目も決めてほしい! あー、シュートが外れる!!
 その瞬間、フルミネンセの選手たちがベンチから両手を広げてどっとピッチになだれ込んできました。対岸のフルミネンセ・サポーター席もたいへんな騒ぎになっいてるでしょう。旗が左右に大きく揺れてます。
 そりゃそう、負けてる試合に勝ったんだもの。
 反対にボタフォゴ・チームは勝てた試合に負けました。
 ボタフォゴ・サポーターたち、意外と冷静です。怒り狂って暴動を起こすなんてことありません。そそくさと帰り支度してます。
 私たちも駐車場に戻ります。
 駐車場に着いたとき、時刻は9時45分、気温28度でした。
[PR]
by ruksak | 2007-04-10 18:48 | ブラジル | Trackback | Comments(2)


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

ブログパーツ

最新の記事

この町でバラ園といえば
at 2017-08-06 16:18
住宅街に南フランスの風が・・
at 2017-07-31 17:13
「極北シベリア」の続きの話
at 2017-07-24 16:59
バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-24 01:00
バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-23 12:41

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん、おはようござ..
by ruksak at 06:25
こんばんは。 北大の博..
by bananan_bou at 22:02
ばななさん こんに..
by ruksak at 15:28
こんばんはー。 地下鉄&..
by bananan_bou at 21:55
ばななさん こんば..
by ruksak at 00:59
こんばんはー。 旅するシ..
by bananan_bou at 22:22

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(43)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(25)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ