<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

有料トイレ

 毎度話題にしてすみませぬ。必ずかかわることなので、気がつくことがあるのです。

 今度の旅で出かけたKLとマラッカ、そしてシンガポールで、私が利用したお店や公共施設のトイレは、すべて水洗でした。洋式だったり、かがむアジア式だったり。きれいに清掃されていたと思うけれど…。

 KLの(格安航空会社専用のほうの)空港のトイレに入ったら、洋式の便座に靴の跡がついてました。
私「洋式トイレの使い方がわからない人がいるんだね(笑い)」
友人「違うの、わかってるけど便座に上がって、アジア式にかがんでするの。だから、わたしは、洋式のときは腰を浮かせて便座につけないようにしてるよ」
私「そっかー」
 日本でも、便座に腰を下ろさない人の話聞いたことありますもんね。…ありませんか。

 有料のトイレも利用しました。バスターミナルとセントラル・マーケットにありました。シンガポールは私が出かけた範囲ではお目にかかりませんでした。
 生まれてからこれまで、<トイレとお水はタダ>のように暮らしてきたから、トイレに入るのにお金を払うのは少し抵抗があります。でも、有料だから、快適なトイレ&洗面所サービスが受けられるのですよね。
 有料といっても、
 セントラル・マーケット→ 0.5リンギ(13円) 
 KL プドゥラヤバスターミナル→ トイレ:0.3リンギ ポケットティッシュ:0.3リンギ
 マラッカ バスターミナル→ トイレ:0.2リンギ ポケットティッシュ:0.3リンギ 
 お小遣いに響く金額ではないですよね。
 
 セントラル・マーケットのトイレは、入り口の前に回転バー式の改札があります。トイレの中で、写真を撮っている学生さん風の女性がいました。観光客? 個室の中も撮っています。撮りたくなる気持ちはわかります。きれいだし、設備は古くないし、内装はモダンで明るいし。
 KL出発の朝、友人からも、「バスターミナルのトイレよりセントラル・マーケットのトイレのほうがきれいだから、セントラル・マーケットのトイレに行ったほうがいい」と言われてました。
 セントラル・マーケットはあいにくと開店前だったので、バスターミナルのトイレに入ると…。入るのがどれだけためらわれるトイレかと構えて入りましたが…。まあ、私が感じるところでは、普通の、最新の設備ではない、トイレという感じで。個室の中がすべてアジア式だったので、多少抵抗があるかな。
 思うに、私は、トイレに求める快適さの基準がほかの人より低そうですね。となると、今まで何度か「日本人でも大丈夫です」と書いたトイレが怪しくなってきました。「うそばっかり」なトイレがあったらごめんなさい。

 友人の住まいの近所の大型ショッピングセンターJUSCOの専門店街にあるトイレは無料ですが、女性の掃除係の人が頻繁に清掃してました。
 女性用トイレ内には、オムツ替台や長いす、子ども用の洗面台があります。若いお母さんが長いすに座って授乳してました。
 日本のショッピングセンターみたいだなあと思いました。
[PR]
by ruksak | 2009-01-31 15:15 | マレーシア | Trackback | Comments(2)

ブドゥラヤ・バスステーション Puduraya Bus & Taxi Terminal/Hentian Puduraya

 KL市内メインのバスターミナルです。チャイナタウンの近くにあります。このバスターミナルからマラッカ行きのバスに乗りました。

 ターミナルの2階にチケット窓口と売店、1階が乗り場になっています。
 2階には数え切れないバス会社のチケットブースが並んでいます。数あるバス会社の中から、トランスナショナル社(Transnasiona)のバスにしました。 (友人の勧めもあり)
 トランスナショナル社は“マレーシア最大のバス会社”ということで、この会社だけ独立したブースがあります。ほかの会社は一人か二人用の窓口です。

 11/17(月) 10:00発 マラッカ行き 12.5リンギ(320円)
 2列-1列のデラックスバスです。満席です。

 KLの友人は、この日の朝一番の授業をほかの人に代わってもらい、朝私と一緒に家を出て、途中の駅で別れました。
 あわただしく押しかけてしまったけれど、友達がいたおかげで、私もなんとなく、この街に住んでいるかのように歩けました。
 ありがとう、友よ。
 そして、KLでの健闘を祈るよ!
[PR]
by ruksak | 2009-01-29 19:33 | マレーシア | Trackback | Comments(0)

BOH Tea  ボー・ティー

 マレーシアの紅茶メーカーです。
 マレーシアでも紅茶をつくってるんですよ。それで、職場の人へのお土産は今回も紅茶、BOH Teaのティーバッグと決めてました。

 マレー半島のキャメロン・ハイランドという丘陵地帯に紅茶のプランテーションがあるそうです。行ってみたい気持ちがありましたが、紅茶の収穫時期でないような気がしたのと、キャメロン・ハイランドはKLの北にあって、マラッカやシンガポールとは反対の方向になるので、行くのは取りやめました。またのお楽しみに。

 スーパーマーケットの紅茶の棚にはBOH teaのいろいろな製品が並んでいます。よろしければ、下のほうにリンクしたホームページを見てください。

 BOH Cameronian Gold Blend のティーバッグを買いました。外箱の中のティーバッグも金色のプラスチック袋に個別包装されています。
 製品シリーズのなかで、BOH Teaは家庭用の一番スタンダードな製品なので、ティーバッグは個別包装されてません。こちらのリーフティ50gパック も買いました。

 お味はあっさり、飲みやすく、ミルクティにしてもおいしくいただけます。

 BOH Tea のホームページはこちら
[PR]
by ruksak | 2009-01-28 14:57 | マレーシア | Trackback | Comments(0)

クアラルンプール伊勢丹 KLCC店

 KLのシンボルともいえる、ペロトナス・ツインタワー。
 完成してから数年間は世界で一番高いビルでした。友人の住まいの最寄駅のホームから、はるか向こうに、周りのビルよりひときわ高いツインタワーとKLタワーが見えました。

 ツインタワーの下に伊勢丹が入っています。地下鉄の駅から地下通路でつながっています。地下通路がショッピングフロアになっていて、新しくおしゃれなお店が並んでいます。
 店舗の最上階にあたる、日本式にいうと4階、マレーシア(orイギリス式、1階をグランド・フロアと呼ぶから)にいうと3階に、スーパーマーケット・フロアがあります。
 伊勢丹だから日本の食品の割合が並外れて大きいかと思ったらそうでもありませんでした。お店全体にいえますが、日本、日本、してません。
 手に取ったフロアガイドは4ヶ国語表示でした。英語、中国語(簡体字)、ハングル、アラビア語、です。日本のデパートというよりも、マレーシアの人のための日系のデパートですね。JUSCOも日本のお店という感じはしなかったですね。
 とはいっても、伊勢丹のスーパーでは、日本人の買い物客をよく見かけました。

 小学生の娘さん二人を連れたご夫婦・・・、駐在員ご家族、ですか。
 20代後半くらいの男性・・・、普段着で片手に買い物カゴ、片手に携帯電話、電話の相手と接待の打ち合わせをしているようです。日曜日でもご苦労なことです。
 シルバー世代のご夫婦・・・、ロングステイで滞在されているのですか。

 同じフロアに、ロイズ・チョコレートがテナントとして入ってました。私は、ロイズは高いというイメージを持っているのですけれど、そのロイズの売り場は高級チョコレートを印象付けるお店づくりになっています。私だけがそう感じるのかどうか・・。
 北海道の企業が海外でも成功してくれたらうれしいです。

*伊勢丹のホームページを見たら、本日1月26日は旧正月でお休みですね。
[PR]
by ruksak | 2009-01-26 17:01 | マレーシア | Trackback | Comments(0)

セントラル・マーケット

 マスジッド・ジャメ駅からムルデカ広場へ、ムルデカ広場からさらに歩いていくと、小さなお店がたくさん集まる建物がありました。
 入ってみると、前の日に友人と待ち合わせたセントラル・マーケットでした。こんなに近いところにあったんですね。セントラル・マーケットからはチャイナタウンやマラッカ行き長距離バスのバスターミナルも近くにあります。

 セントラル・マーケットは、かつて生鮮市場だった建物をショッピングセンターに改装したそうで、さまざまなお店が軒を連ねています。食料品、衣料品から、マレーシアの民芸品、染物、織物、マレー系、インド系のもの、中華のもの、カフェやレストランなどなどです。
「観光客向きだから、高いよ」(友人 談)
 きっとそうだと思います。クアラルンプールでほかのお店と値段を比較する時間がなかったので正確なことは言えませんが。
 でもね、ここ一ケ所で、マレーシアの土産品が大方買えます。疲れたら、おなかが減ったら、食べ物屋さんで休憩できます。なので、マレーシア旅行の最終日にここでショッピングタイム、っていいと思います。旅行者には「お勧め」に思えました。
 私は旅の初めだったので何も買いませんでした。値段の下見しただけ。次に行くマラッカで買えると思ったんですね。

 スナックのスタンドでチェンドルをたのみました。カキ氷です。(1.8リンギ/45円)
 プラスチックカップの底から、
 アズキ、
 クラッシュした氷、
 緑色のヌードル(緑豆からできているそう)、
 白いヌードル(米粉?? 「タピオカ粉」と書いている本があるのでそちら?)、
 ココナッツミルク、 です。

 日本とちょっと違いますが、カキ氷です。太いストローで吸い上げます。
 おいしいかどうかの前に、氷 が気になってしまって。この氷は生水から作ったものか…?
「大丈夫だよ、気にして食べると、おなか壊すんだよ」(友人 談)
 確かにそうではありますが。
 旅行中、食事といっしょにたのんだ冷たい飲み物にはすべて、氷が入ってました。入っているなと思いつつ、飲み干してました。

 セントラル・マーケットから出ると、ちょうどポツポツ雨粒が落ちてきました。その数分後には雷鳴とどろく土砂降りとなりました。
[PR]
by ruksak | 2009-01-20 23:48 | マレーシア | Trackback | Comments(2)

旅のマレー語

 前回外国語に関するコメントをいただいたので、今日はマレーシアの言葉について…。

 マレーシアの公用語はマレー語です。人口の割合が一番多いマレー人の言葉です。
「地球の歩き方」のマレー語のページを見てみると…。
 おはよう→サラマット パギ、 ありがとう→トゥリマ カシ、 どういたしまして→サマ サマ、…。
(これは…? インドネシアのバリ島に行ったときも同じ言葉を話さなかったっけ? マレー語はもともとインドネシア語だったのか?)
 同じページの欄外に、「マレー語をもとにしたインドネシア語ともかなり共通している」と書かれてました。
 オリジナルがどちらであろうとも、二つの国のつながりが強いことがわかりますね。お互いの国を訪問するとき、言葉に不自由しなさそうですね。

「地球の歩き方(08-09)」のマレー語のページでもうひとつ特筆すべきことが。
 マレー語のページのタイトルが「サバイバル会話術」となっていて、旅行で即使えるフレーズと、その言葉の説明がセットになって紹介されています。欄外に数字や人称代名詞などの単語が載っています。短い旅行なら最初の見開き1ページをコピーして持っていけばなんとか間に合います。
「このページを執筆した人は旅行者が求めているものがわかっている」といたく感激いたしました。

 マレー語のコピーを持って行っても、あいさつの言葉程度しか発せません。
 マレーシアも英語が通じます。
 地元の中国系やインド系の人はそれぞれ中国語、タミール語で話しています。中国人が多い地域に行くと、中国語の世界になって、中国にいるような気になりました。 
[PR]
by ruksak | 2009-01-19 16:39 | マレーシア | Trackback | Comments(2)

日曜日のムルデカ広場周辺

 マスジッド・ジャメは二つの川に挟まれたところに建っています。
 寺院がよく見えるよう、あるいは寺院を背景に記念撮影ができるよう対岸にポケットパークのような場所があります。
 写真を撮りっこしている人もいれば、座り込んでいる数人がいたり…。マスジッド・ジャメ駅からポケットパークのある場所を通っていくと、地べたに座り込んでいる人たちの数がだんだん増えていきます。川沿いのある場所は座っている人たちに占領されて通れません。
 フルーツジュースやスナックの出店も来ています。観光客や人の行き来の多いところですけれど、これだけ座り込んだ人が多いなら、この方たちを当て込んでのお店のように思えます。

 みなさんくつろいで、一緒の人とおしゃべりしています。南アジア系の男性ばかり…。私には、インドやパキスタンの人に見えます。
 もしかして、この方たちは、マレーシアに働きに来ていて、休みの日に同郷の人たちと心休まるひと時を過ごしているのでは?
 ほら、香港でも日曜日にフィリピン人のお手伝いさんが集まる公園があるとか、日本にもバブル景気のころ、上野公園にイラン人が集まった、とかありましたよね。
 KLにもお国を離れて働きに来ている人がいるんですね(・・かな?)

 先日、昔買った「地球の歩き方・東南アジア96-97」のマレーシアのページを見てびっくりしました。そのときのKLには、高架電車が一本も通っておらず、KLセントラル駅もなく、ツインタワーやKLタワーも立っていません。KLの現在の空港も2000年以降に開港したんですよね。
 KLはこの10年の間に目覚しく発展したそうです。開発や建設の現場に外国から数多くの労働者が来ていたのかなと思いました。
[PR]
by ruksak | 2009-01-14 23:54 | マレーシア | Trackback | Comments(0)

ムルデカ広場周辺

 クアラルンプールの歴史はクラン川とゴンバック川の合流点を中心に発展しました。今でも当時の面影を残す建造物を多数目にすることができます。
 by マレーシア政府観光局ホームページ


 ムルデカ広場の辺りはクアラルンプール発祥の地ということで、古い物好きの私にとっては是非とも出かけたいところです。最寄り駅のマスジッド・ジャメ駅に行ってみましょう。

・マスジッド・ジャメ
 駅のすぐ隣にあります。モスク(イスラム寺院)です。
 マレーシア・イスラム美術館の近くにある国立モスクが東南アジアで最大規模のモスクなら、こちらはクアラルンプール最古のモスクだそうです。白いたまねぎ型のドーム屋根のある、私たちがイメージするイスラム寺院です。
 まさに二つの川が合流する場所に建っており、ムルデカ広場に向かう橋の上から眺めると、川の中州にあるようにようで、パリのセーヌ川の中洲、特に自由の女神の本家がある場所が、ふっと思い出されました。
 やしの木に囲まれ、アラビアンナイトの物語に出てくるような、美しいモスクです。行ったときは見学できない時間だったので、内部には入れませんでした。

・ムルデカ広場
 イギリス統治時代の建物やコンクリートのビルが立ち並ぶ通りを歩いていくと、ぱっと視界が広がりました。ムルデカ(=独立)広場です。芝が植えられた運動場みたいなんですけどね。芝生が青々と生き生きして見えました。周囲にはイギリス時代の建物が建っています。クアラルンプールの写真によく出てくる時計塔のある建物が建っています。後方に高層ビルが見えたりします。
 この広場でイギリス統治からの独立を宣言したそうです。
(実際に競技場として利用されていて、私が行ったときも競技会用のテントが張られてました) 
[PR]
by ruksak | 2009-01-12 07:57 | マレーシア | Trackback | Comments(2)

KL在住のわが友人 続き

 友人が住んでいるコンドミニアムは、部屋数が多い(3つ)、家族向きの住まいです。
 ですが、学生さんが数人でルームシェアして借りている部屋がけっこうあるみたいです。友人の向かいの部屋がそうだそうです。
 一階のメールボックスのコーナーに Housemate Wanted という張り紙が何枚か貼られてました。
 そのうちの一枚に次のような希望の条件が書かれてました。
 ・Single 
 ・Muslim Female
 独身で、女性のイスラム教徒、ですか。
 昔ベジタリアンの友達の家に泊めてもらったときに、冷蔵庫にハムを入れて、怒られたことがあります。信ずるものを異にする人と暮らすのは難しいことがありますよね。
 友人も、部屋を貸して家賃の負担を減らすこともできますが、自宅をくつろぎの場として、一人住まいしています。

 私が友人を訪ねたとき、友人は風邪気味でした。
 日曜日のKL観光は私一人で出かけて、友人は大事をとって自宅で休養しました。
 食事は友人と一緒に、お勧めのお店に連れて行ってもらいました。
 おいしいお店の話はあとでまとめてご紹介いたします。
[PR]
by ruksak | 2009-01-10 21:37 | マレーシア | Trackback | Comments(0)

KL在住のわが友人

 名前はない(というのはウソ)。
 女性、アラフォー世代(30代だと思います、年令のことは詳しく聞いておりません)。
 職業、日本語教師。

 ソウル、バンコクと日本語教育の経験を積んで、2008年春からKLで日本語を教えています。
 バンコクのあと、一度札幌に戻って日本語教育とは別の仕事をしていたときに比べると、水を得た魚のように、実に生き生きしてます。札幌では日本語教師の職はなかなかないのです。
 KLの暑さも平気で、逆に札幌のような寒いところにはもう住めないと。

 KLでは友人の家に泊めてもらいました。
 高架鉄道プトラLRTの北側(上側)の沿線にある新築の高層コンドミニアムにお部屋を借りてます。近くには、なんと大型ショッピングセンターJUSCOがあります。
 コンドミニアムの隣がモスクなので、
「午前6時のアザーンの呼び声には困ってしまう」(友人談)
 日によって長い短いがあるそうで、私の滞在中は短かったので助かりました。

 お部屋のほうも寝室が3つもある広々とした住まいです。一人用の適当な物件がなくて、やむなくそこに決めたようです。
 コンドミニアムの敷地の入り口には乗用車用の一時停止のポールが下がっていて、門番の詰め所があります。一応不審者は入れないことになってます。私が通るときに呼び止められるかもしれないよと友人に言われましたが、一度も声はかかりませんでした。
「ここは日本人が住んでいない地域なので、よく、日本人だ、と珍しがられた」(友人談)
 通勤の便もあって友人はそこに住まいを決めました。最寄り駅から電車一本でツインタワーのあるKLCCや、セントラルマーケットやKLセントラル駅に行けます。

 最寄り駅に行くまでに、飲食店がたくさんあります。食事には困らないですね。
「KLに来てからほとんど食事つくってなかったけど、体のために自分でつくったほうがいいよね」(友人談)
 だからかどうかはわからないけれど、持っていくものあるか~いと聞いたら、カレールーやサケフレーク、いくつか食品をたのまれました。それからシャンプーも。日本の商品はKLでも買えますが、高いですよね。
 重い専門書をたのまれるより持ち運びは楽です。日本の品物を担いでKLに向かいました。
[PR]
by ruksak | 2009-01-09 23:39 | マレーシア | Trackback | Comments(2)


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

最新の記事

極北シベリア
at 2017-03-25 16:16
パンケーキのお店 祝2周年
at 2017-02-12 15:42
JKT48が札幌にやって来た!
at 2017-02-06 00:08
新しい年に
at 2017-01-14 15:06
海外旅行フェアで
at 2016-11-01 00:01

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん 冬はな..
by ruksak at 15:05
こんばんは。 冬の美瑛..
by bananan_bou at 20:17
ばななさん あけま..
by ruksak at 17:39
あけましておめでとうござ..
by bananan_bou at 21:08
hnkさん、今月の旅行楽..
by ruksak at 02:37
ミュウミュウ バッグさん..
by ruksak at 03:12

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(32)
(30)
(29)
(28)
(25)
(21)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(3)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ