<   2009年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2009年も感謝

皆様、
2009年もあと3日ですね。
今年も見に来てくださってありがとうございました。
皆様の来訪が旅の記録を書く励みになっています。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年は今週末ぐらいから再開したいと思っています。
再開後はポルトガル・マデイラ島の旅から。

皆様、よい年をお迎えください!


ruksak
[PR]
by ruksak | 2009-12-29 13:49 | ごあいさつ | Trackback | Comments(2)

一日散歩*セナド広場周辺 (4)

セナド広場周辺 
午前10時前 黄枝記粥麺店 ~ワンタン麺のお店へ
鮮蝦雲呑麺 21パタカ(252円) (運ばれた直後に撮影)
f0036820_14333642.jpg麺の下にエビワンタン×4が埋まっていた
ワンタンの皮はつるりん、ひとつのワンタンに歯ごたえしっかりのエビが3尾くらい入っている、清ましスープもよいお味
麺はいかにも乾麺を戻しましたよーという硬さが残っていた、柔らかめの麺が好みだな~
ほうじ茶の味わいのウーロン茶と

1階は4人掛けのテープルが4つ、狭い 
黒が基調のテーブルに紙のランチョンマットとお箸がセットされている、高級感少しあり
上の階に厨房があり、エレベーターで料理が下りてくる
  ↓
郵政局でエアメールを出す ~詳しい記事はこちら
  ↓
午前11時25分 義順 ~牛乳プリンで有名なお店へ、日本語メニューあり
冷たい卵プリン…牛乳に卵を混ぜた茶碗蒸しみたい、卵の黄身の味がした、甘さ控えめ、温・冷あり、12パタカ(144円)
温かいショウガ入り牛乳プリン…ホットミルクにショウガの絞り汁を交ぜたよう ショウガ汁がばっちり効いている、のど越しヒリヒリ、こちらは温のみ 値段メモし忘れ・12パタカだったか
こういった広東デザートは3年前の香港以来 前ほど美味に感じなかった、…甘さが足りなかったからかなあ(2007/2/2に香港で味わったデザートの記事あり、興味とおヒマがありましたら)

日本人の集団がガイドさんに案内されてやって来た、持ち帰り用を買ってお店の前の木陰で味わっていた
セナド広場に着くと、複数の日本人団体客に遭遇した、香港からの日帰り観光? 観光ルートが似通っているものね
あるガイドさんが周りの建物を指して、「×年に一度壁を塗り替えるよう法律で決められている」と説明していた(年数は聞き取れなかった)
それで、工事のビニールで覆われている建物が多いのか
それで、本の写真と壁の色が違う建物が少なくないのか

<明日は本年締めくくりのあいさつでございます
[PR]
by ruksak | 2009-12-28 16:09 | マカオ | Trackback | Comments(0)

一日散歩*セナド広場周辺 (3)

聖ドミニコ広場からセナド広場まで
イエズス会記念広場
  ↓
大三巴街(緩い下り)~営地大街~桔仔街
  ↓
聖ドミニコ広場
(写真で)見覚えのある白黒縞模様の建物が見えたので行ってみる
その建物の横に黄色い南国風のファサード(スペイン・バロック様式というらしい)の聖ドミンゴ教会あり、写真のとおりの姿、鮮やか
ということは教会の前が聖ドミニコ広場、そういえば写真で見たとおりの波型模様の石畳になっている
やしの木を囲んで円形にベンチが据え付けられている、人の往来は多いが、木陰で一休みできる(教会の前にある板樟堂街はマカオを代表する繁華街とのこと)
この広場も工事のためシートで覆われた建物あり、広場の左側の石畳の上に木の板が渡されていた、この広場も改修中かと思ったが…
  ↓
セナド広場
聖ドミニコ広場とセナド広場は隣同士といえるくらい近い
そちらの方に歩き、視界が開けると、ここは、さっき通り過ぎたところ…
(セナド広場を写した写真は手前に噴水があるものが多い、その奥に聖ドミニコ広場がある)
今日のセナド広場は工事用の資材が置かれて石畳がよくわからない、噴水も資材で囲まれている(噴水があるとはわからなかった)、広場の周りはヨーロッパ風の建物で囲まれているが、いくつかは工事用のビニールで覆われている
人がたむろしている、…広場だからたむろしていいんだけど、絵葉書や雑誌の写真とゼンゼン違ったんデスヨ、朝ここの大通り側(写真でよく見る側)を通ったときは、「市民の名もなき広場」かと思った
今日のセナド広場は絵葉書のセナド広場と縁もゆかりもなかったけれど、ここを浮世離れした風景に撮るカメラマンの腕はスゴイ

はじめ広場を改修しているのかと思ったが、あとでクリスマスの飾りつけの途中だったのではと気付く
マカオでは歴史的建造物をライトアップして夜も美しいらしい、それにクリスマスのイルミネーションが加わったら美しさ倍増間違いなし、今回は昼間の観光だけでしたの…
[PR]
by ruksak | 2009-12-26 18:31 | マカオ | Trackback | Comments(2)

一日散歩*セナド広場周辺 (2)

大堂広場からイエズス会記念広場まで
大堂巷の階段を下りる~賣草地街(緩い上り)~大三巴街(緩い上り)
狭い通りの両側にお店が並んでいる、露店の洋服売りや、屋台でご飯を食べている人、
ここに来る前にパン屋さんを何軒も見る どこもお客さんで混んでいた、朝の光景ですか

ステンレスの台の上にお鍋を載せて食べ物を売っているおじさんがいた 
お客さんが入れ替わり買いに来る、美味しいはず、覗いてみる
せいろに炒めご飯(?) お鍋にスープ、も一つせいろに蒸し物
台にコンロが内蔵しているのでどれも温かい
朝だから? ご飯(+おかず)が売れてた プラスチックの蓋つきカップでお持ち帰り
ワタシもたまらず注文 朝ご飯まだだったので
・蒸し餃子1ケ(ジャンボ餃子サイズ/プルンプルンの肉厚の皮と、あんかけ焼きそばのあんみたいな具/たけのこサクサク、お肉(豚肉)もよいお味)
・大きめシュウマイ2ケ(黄色い皮(玉子入りか?)、プリプリえび入り)
あとで麺を食べに行くつもりだったので抑える、注文の品はビニール袋に(5パタカ/60円)
  ↓  
聖ポール天主堂跡に近づくにつれ観光客向きのお店が増えてきた
建物の隙間から見上げる視線の先に聖ポール天主堂跡がうっすら見えた
  ↓
程なく聖ポール天主堂跡の大きなファサード(石の前壁)を見上げる階段の前に到着 (午前8時35分)
聖ポール天主堂跡に着く前にイエズス会記念広場があるはずだが、また通り越したか?
(そこはイエズス会記念広場、広場に立っていることに気づいていない)
  ↓
階段を上って天主堂跡を見学、隣接する廟も見に行く ~聖ポール天主堂跡の詳しい記事はこちら

中国人団体客続々到着、天主堂前でも博物館内でも、あちこちで記念撮影している
(添乗員に引率されてる感じから台湾の人ではないと思った)

途中で階段下がイエズス会記念広場とわかる
よく考えたら広場らしく空間が広く空いている、石畳に模様はない
広場脇に二人の人物の彫刻あり
イエズス会記念広場を踏みしめて聖ポール天主堂跡を後にする

f0036820_143131100.jpg





階段右横の植え込み側から撮影
[PR]
by ruksak | 2009-12-25 15:44 | マカオ | Trackback | Comments(0)

マカオ写真館

メリー・クリスマス! 本日は写真をお楽しみくださいませ。
 前回のポルトガルで、CDに数コマだけでも入れたらよいと気づき、マカオの写真もわずかながらご用意できました。12月22日の記事にも一枚挿入しましたので、そちらもどうぞ!
f0036820_143131100.jpg


全6枚です。。
  

More
[PR]
by ruksak | 2009-12-24 15:24 | マカオ | Trackback | Comments(2)

一日散歩*セナド広場周辺 (1)

 ワタシの旅はだいたい歩きが基本です。今回も朝から夜の7時まで歩き通しました。
 世界遺産の広場巡りand街歩きのご紹介は、グランド・リスボア・ホテルの前の大通りから始めましょう。

殷皇子大馬路から大堂広場まで 
午前7時20分頃 殷皇子大馬路をセナド広場方向へ 人通りはまだ少ない
f0036820_1433042.jpg

  ↓
(セナド広場前通過)
  ↓
通りの名前が新馬路という名前に変わるが、そのまま直進、突き当りまで進んで引き返す
  ↓
(セナド広場前通過/まだセナド広場に気づいていない)
  ↓
角々で地図を確かめ、路地を曲がって曲がって、カスタードタルトの有名店に到着(午前7時50分)
しかし、本日はシャッターが下り、水曜定休の張り紙あり!! ワタシの朝食は!?
火曜休館の「ワイン博物館」が休みに当たらない日と予定を立てたのが裏目に出てしもうた
隣の麺屋さんはお客さんで賑わっていたので、美味しいお店なのだと思ったが、先を急いでその場を去る
カスタードタルトのお店の名前は マーガレッツ・カフェ・エ・ナタ
  ↓
大堂斜巷を歩く(少しのぼり)
  ↓
右手に大堂(カテドラル)、左手に大堂広場
石畳が敷き詰められた円形の広場、中央に水が抜かれた噴水がある、建物に囲まれている、ベンチに座る人数人
石畳は派手な色合いではない、
改修用の資材が置かれている、小さなステージの上に壊しかけの小屋あり、写真を撮るのにジャマであった
 ××⇒あとで、「改修」でも「壊しかけ」でもないことに気づく、クリスマスの飾りつけの途中に違いない、「小屋」はキリストが誕生した馬小屋をつくる予定ではなかったか、完成したあとに行っていたらジャマとは思わなかっただろうか

カテドラルの中をちょっとだけ見学
8時からミサが始まったもよう、白い法衣の聖職者が広東語でお話しされていた
[PR]
by ruksak | 2009-12-22 18:59 | マカオ | Trackback | Comments(2)

ルワンダ中央銀行総裁日記 増補版

ルワンダ中央銀行総裁日記 増補版  服部 正也 著 中公新書 2009.11.25

 リンク先の帯をご覧になりましたか。ものものしいですね。
 とはいえ私も、「熱血(漢)」という言葉は、著者のためにあるのではないかと思ったものです。

 “これは、アフリカの中央の小国ルワンダの中央銀行総裁として勤めた六年間の記録である。”
 冒頭の一行です。
 旧版はルワンダから帰国の一年後に発行されました。(1972年)
 2000年前後に一度読みましたが、増補版が出版されたので今回もう一度読んでみました。
 硬そうなタイトルなので、図書館の新書の棚に行ってもなかなか手に取る気持ちにならなかったのですが、読んでみると、経済や通貨改革の話が中心なのでそんなに多くありませんが、当時のルワンダの国の様子を興味深く読みました。

More
[PR]
by ruksak | 2009-12-21 15:07 | 旅の本 | Trackback | Comments(1)

七つの丘の町ふたたび 

 マカオは起伏が多く、「七つの丘」があると云われている、そうです。
 あれ、このフレーズどこかで…、なんてしらばっくれちゃいました。
 リスボンも「七つの丘の町」ですよね。
 リスボンよりは勾配が急な坂道は多くないと思います。私が出かけたのは半島南側で、地名に「丘」が付くところには行きませんでしたが…。
 なだらかな坂道を上ったり下りたりしました。通り名が「…斜巷」だったら、坂の小道を意味します。
 道幅が狭い路地が多かったですね。三叉路、カーブの道、階段のある道、土地の高低など、変化に富んだ街歩きは楽しかったです。
 お店や路上の商売にも興味を惹かれました。アジアやな~と思いますよ。(なぜか関西弁で)

 次回から広場めぐりの街歩き報告に入ります。
 はじめに移動の順番をざっと表して、詳しくお知らせしたい部分は別に項目を立てる方法にします。軽~くすませたいけど、また字数が多くなるかな~。
[PR]
by ruksak | 2009-12-18 15:25 | マカオ | Trackback | Comments(2)

マカオ旅の始まりと終わりはマカオ・フィッシャーマンズ・ワーフで

マカオ・フィッシャーマンズ・ワーフ ~香港ナビをリンクしました。’07取材の記事ですが、写真が見やすいので

 フェリーターミナルのお隣さんです。お船に乗る前か後に寄ってみるのもいいですよね。

 マカオに着いた直後に行ったときは、深夜だったので建物の灯りが消えた人気のない街並みは、ゴーストタウンのようでした。
 宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の冒頭で、閉園されたテーマパーク(異界の街)に迷い込むシーンがありますよね。夜中のフィッシャーマンズ・ワーフも映画と同じような雰囲気でした。「千と~」では、夜になると街が目覚めますが、ここは寝静まっています。
 人っ子一人いないような静まり返った街ですが、カップルを見かけたり、男の子二人組みが唯一24時間営業しているディスコに入っていきました。角々に警備員の姿がありました。
 マカオ・フィッシャーマンズ・ワーフにはカジノもあります。道路の向こう側にカジノのネオンがいくつか瞬いています。
 あとで、お店でもらったマカオの折りたたみ地図を見ると、カジノはフェリーターミナルから近い地域に集中しています。 
 それで、同じ高速船で来た香港国籍の人たちはカジノに行ったのかと思ったのですが。
 一人ではカジノにもディスコにも入る勇気がありませんでした。幸いホテルのロビーで朝を迎えることができました。
 
 早朝のマカオ・フィッシャーマンズ・ワーフはまだ静けさに包まれています。
 夕方、高速船のチェックインの時間まで余裕があったので、もう一度マカオ・フィッシャーマンズ・ワーフに行ってみました。
 午後6時になる前の夕暮れ時です。平日のそんな時間だから、お客さんはそれほど多くありません。思い思いに散策を楽しんでいます。
 夕闇が迫るにつれて、お店や施設にライトが鮮やかに照らされていきます。つくりものの街だから、張りぼての映画のセットのようです。テーマパークって、夢の街だからそういうものなのかもね。

 広場でバンドのライブ演奏がありました。お客さん、あんまり足を止めてなかったけれど…、生の歌声はいいですよね。
 
 おせっかいながら、朝までお世話になったロックス・ホテルのティールームでは、平日の15時から17時半までハイ・ティー・セットが供されるようです。(「地球の歩き方」情報)
 船の時間が合えば、こちらでハイ・ティーをいただいてから船に乗るのもよさそうに思えます。‘ロビーのソファ’を利用した者として。
[PR]
by ruksak | 2009-12-16 15:19 | マカオ | Trackback | Comments(0)

香港到着そしてマカオへ

 香港へは2007年のゴールデン・ウイーク(の鳳凰単叢茶の旅)以来です。約2年半ぶりですが、ずいぶん久しぶりのような気がしました。
 香港からマカオへの道順については、スピーディに箇条書き的に進めます。それでは…。

午後10時43分 香港国際空港着陸
  ↓ 
入国審査すぐ通過
  ↓
ATMで香港ドルをキャッシング
セブンイレブンでポケットティッシュ2ケ買って、100香港ドル札をくずす/バスではおつりがもらえないらしいので
この時間は閉まっている店が多く、セブンイレブンは混みあっていた
  ↓
空港ビルを出ると、南の国の旅の記憶を思い起こさせる懐かしいにおいがした。それがどのようなにおいか説明するのは難しいが、炭か木を燃やしたときような…
香港の気温は19度、夜11時でも
  ↓
香港島行きエアバス(A11・北角行き)がバス乗り場に入っていた、すでに多くの乗客が乗っている
午後11時30分発、40香港ドル(448円)
  ↓
上環マカオ・フェリーターミナルまでノンストップ(到着までの停車所で誰も降りなかったから)、12時前に到着
  ↓
ターミナル3Fの窓口で乗船券を買う、次の出発は午前0時30分 エコノミー席・168香港ドル(1,882円)
この時間になると、ターミナルビルの中は閑散としている
ファストフードのお店が開いていた
(あとで思うとここで時間をつぶす方法もあった)
  ↓
乗船ゲートから出国審査場へ向かう通路の壁に「2009香港 東亜運動會 12月5日開幕」の横幕あり
(東アジア大会のこと、帰国後新聞のスポーツ欄に試合の記事が小さく載っていた)
  ↓
出国手続き後、階下のフェリー待合室へ ベンチあり(ここのベンチで長居…、はできないね)
乗船口のカウンターの人に、おいで、おいでされる~乗船チケットに座席シールを貼られた…日本エアシステムが東亜国内航空という名前だった頃、搭乗券に座席シールが貼られたことがあったことを思い出す
  ↓
船(高速船/ターボジェット)に乗る
広い(窓側3列、真ん中は5列以上だっけ?)、乗客は少ない
船が静かに動き出す、はじめ後ろ向きに進み、船の向きを外洋に向けたあと本気を出す、この晩はスピードを出しても揺れなかった(いつも揺れは少ないのか?)
出航後、乗務員(このときは若い女性)がマカオ入国カードを配る、飲み物等の注文にも応じる
  ↓
「まもなく、到着」アナウンス
フレンドシップ大橋の左手を橋に沿って桟橋へ徐行
  ↓
午前1時40分、マカオ・マリタイム・フェリーターミナル着
入国審査場へ向かう通路で、日本人男性二人連れと遭遇、背広姿、「海外出張」という言葉が聞こえた
   ↓
入国審査場の窓口は、マカオ国籍/香港国籍/外国人に分かれている
マカオと外国人の窓口に並ぶ乗客はまばら、香港の窓口だけ順番待ちの乗客で膨れ上がっている
あとで香港住民がカジノに来たのかなと想像した、読者の皆さんの見解は?
  ↓
到着ホールへ、ターミナル内は明るい、が、人は少ない

 ここから、マカオの一日旅行が始まりました。
[PR]
by ruksak | 2009-12-14 15:40 | マカオ | Trackback | Comments(0)


2018年のカレンダーを  ご希望の方に


by ruksak

プロフィールを見る

ブログパーツ

最新の記事

イスラーム圏で働く
at 2017-10-28 15:42
2018年カレンダー
at 2017-10-26 16:11
秋のバラも素敵
at 2017-10-09 02:02
知事公館に秋の足音が
at 2017-10-07 01:30
バッタを倒しにアフリカへ
at 2017-10-02 17:15

カテゴリ

カレンダー
はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本

最新のコメント

ばななさん こんば..
by ruksak at 01:22
こんばんは。 カレンダ..
by bananan_bou at 21:32
ばななさん さっそ..
by ruksak at 11:23
こんばんはー。 今年も..
by bananan_bou at 17:19
ばななさん!! う..
by ruksak at 15:21
こんばんはー。 好きで..
by bananan_bou at 20:56

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(46)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(26)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ