<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

メモリークエスト

メモリークエスト  高野 秀行著  幻冬舎  2009/4/10 (今年文庫版が出ました)

 著者は辺境作家と呼ばれてるんですね。
 「わずかな情報を頼りに依頼人の記憶の人物を探す」旅に、久々に血湧き肉踊ってしまいました。
 事前の情報が少ないから現地で情報収集します。旅先のさまざまな人々との関わりが楽しいです。
 
Webマガジン幻冬舎・メモリークエスト特集  ←「メモリークエスト」の企画の内容がわかります

 公募の中から著者が探しに出かけた尋ね人は…、
1.タイで出会ったスーパー人徳小学生
2.タイのミャンマー国境沿いの村で出会ったミャンマー人のガイド
3.セーシェルの春画コレクションのインド系老人
4.コンゴから南アフリカまで大脱走したコンゴ人男性 (実は著者自身の尋ね人)
5.内戦発生後消息がわからなくなったアメリカ留学時代の旧ユーゴスラビアの友人

 どの人物も出会ってから、何年、十何年も経っています。「この辺りから探してみるか」程度の情報を元に探し始めるのだから、だれもが見つけるのは無理だと思うでしょう。
 著者も現地に行って初めて、この企画がいかに無謀だったかと思い知らされるのですが、一人を除いて探し当てることができました。それも日本を出発してから1ヶ月の間に任務完了です。
 見つかったからよかったのであって、著者は尋ね人と対面するまでの間に、一つの情報、一つの出会いに一喜一憂します。旅のプロのかっこ悪い姿を見て、旅のプロでもうまくいかないことがあるのだと勇気付けられました。

「探す旅」もいいものだなあと思います。
 観光名所への行き方を探るのも「探す旅」ですけどね。
 最終章で、尋ね人の旧宅へタクシーで向かう場面では我が思い出、リオ・デ・ジャネイロでギルダ(旅先で知り合った奥さん)の家を探しに行ったときと重なりました。
 今、「メモリークエスト」の企画があったら、私なら誰を、何を、探してほしいと応募するか…。

(ギルダの家を訪ねたときのことは、2007/3/5の リオ・デ・ジャネイロ アポなし訪問記5 にあります、よろしかったらみてください)
[PR]
by ruksak | 2011-09-23 14:35 | 旅の本 | Trackback | Comments(2)

逸夫舞台で京劇 

   <客演の天津京劇二大名優によるアンコールのステージです>
f0036820_1129916.jpg

 ・開演:4月9日(土) 19時15分
 ・劇場:逸夫舞台
 ・演目:二進宮/江油関/遇皇后打龍砲
 ・出演:上海京劇院+「遇皇后打龍砲」に藍文芸(女性)、康万生(男性)の客演あり
 ・座席:380元(4940円) 下手(舞台に向かって右側)端っこの席
 (キャンセルが出たからと前の方の席が取れました/580元~50元の座席があります)

 19時15分の開演からアンコールの終了まで休憩なしの3時間30分の公演でした。…途中、大方の時間うつらうつらしちゃったんですけどね。甲高い歌声も子守唄になってしまいました。
 本日の演目は、3つとも京劇の中で、「文劇」と呼ばれる歌やせりふを中心にしたお芝居だったので、ストーリーがわからない人にはよけい眠気に襲われました。(前に香港で観た広東オペラはアクロバティックな立ち回りのある「武劇」でした、でもこのときも船を漕いでしまいましたね)
 観劇の参考にと、『京劇の招待』(小学館)という本を持って行ったんですが、読み込んでおけばよかったです。京劇の知識があればもう少し眠気が抑えられたと思います。最初の演目の「二進宮」のストーリーも紹介されてました。

 座席はほぼ埋まってましたよ。年齢層はやはり高いですが、若い観客もそこそこ来てました。
 見せ場では、「ハオ(好)」、「ハオ(好)」の掛け声と拍手が掛かります。拍手や声が重なります。皆さん声を掛ける場所がわかっています。後ろの席のおじさんは、決め台詞を覚えていて舞台の役者と声を合わせてました。
 京劇の俳優さんは皆声量がありますが、上の写真の左側の女優(藍文芸)さんは特にすばらしく、声が鼓膜にビンビン響きました。

 観客がアンコールを求めるときは、ハオ、ハオ、の嵐です。観客の一部は舞台の前へなだれ込んで声を掛けてます。私も真似しました。
 役者が再び舞台に登場したときはすごい歓声が上がりました。(有名な俳優さんなんですね)
 本演目中は撮影&録音禁止でしたが、アンコールではカメラを構えてる人が何人もいたので、こちらも真似しました。
 劇場を出るときは、皆満足の表情です。私もまあまあ満足かな、できたら立ち回りのある劇が観たかったです。とすると、次はやっぱり上海雑技、ですかね。


(香港で京劇の地方版、広東オペラ(粤(えつ)劇)を観ました。そのときのエピソードは2006/10/26の記事に)
[PR]
by ruksak | 2011-09-17 11:42 | 中国 | Trackback | Comments(2)

逸夫舞台で京劇 ~観劇の前に

 旅行の日にちは京劇の上演日に合わせて決めました。
 上海に行くなら京劇が観たかったのですね。

“上海を訪れる外国人観光客のほとんどが観に行くのが、上海雑技” (「地球の歩き方」より)

 京劇がぜひとも観たかった私はあまのじゃくでしょうか。
 中国の伝統芸能を堪能するのもいいじゃないですか。歌舞伎も文楽もまだ劇場で観たことがないのでお恥ずかしいですが…。
 これまで上海雑技には全く関心がありませんでしたが、「地球の歩き方」を読んだら、人間技を超えた演目の数々に次は観に行ってもいいかなという気持ちになりました。

 京劇の上演スケジュールの確認は下記のホームページから。
上海文化信息(中国語、英語、…両方のページを見比べたら検索の方法がわかってきます) …エンターテイメントの総合webサイト。公演スケジュールが目白押しで上海の大都市ぶりがわかります。海外アーティストの公演も多く、私の上海旅行の前日にはボブ・ディランのコンサートがありましたよ。
逸夫舞台(中国語、…じっくり眺めたら意味が見えてきます) …老舗の伝統劇専用劇場。残席が確認できます。

 チケット予約せずに残席だけ確認しました。日々座席が埋まっていきハラハラしました。

f0036820_14112364.jpg
<逸夫舞台(イィーフータイ/いっぷたい)のチケット売り場です
上海に到着した日(公演の前日)にチケットを買いました>

[PR]
by ruksak | 2011-09-10 14:31 | 中国 | Trackback | Comments(0)

渡し船(連絡船)の思い出

 上海の渡し船に乗ったのと同じ理由で、ニューヨークでマンハッタン島と対岸のスタテン島を結ぶフェリーに乗りました。市民の交通機関を利用してお得に観光しよう、ということで。
 スタテン島フェリーはマンハッタン島の南端を発着します。船上からマンハッタンの高層ビル群を撮ることができます。自由の女神像は運行ルートから距離があったようです。小さく見えました。
 私が行ったときはまだ、世界貿易センタービルが2本空に向かって立ってました。('96のことです)
 このフェリーは、映画「ワーキング・ガール」で、主人公の女性がスタテン島からマンハッタンへ通勤する場面に映されていたので、映画で見た船に乗る感激がありました。
 スタテン島からの戻りでは、屋外の船首のベストポジションを確保し、近づく高層ビル群が狙えると喜んだのですが…。途中でフイルムが終わってしまいました! 
 フイルムを入れ替えに風を避けて一度後ろに下がったらもう先頭に戻れません。
 デジカメだったらフイルムの残りを気にしなくていいですよね。…今もそのときと同じカメラを使っています。

 リスボンでもフェリーで川を往復しました。そのときのもようは 2010/4/1の記事に。
 
[PR]
by ruksak | 2011-09-03 14:45 | 中国 | Trackback | Comments(0)


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

最新の記事

この町でバラ園といえば
at 2017-08-06 16:18
住宅街に南フランスの風が・・
at 2017-07-31 17:13
「極北シベリア」の続きの話
at 2017-07-24 16:59
バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-24 01:00
バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-23 12:41

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん、おはようござ..
by ruksak at 06:25
こんばんは。 北大の博..
by bananan_bou at 22:02
ばななさん こんに..
by ruksak at 15:28
こんばんはー。 地下鉄&..
by bananan_bou at 21:55
ばななさん こんば..
by ruksak at 00:59
こんばんはー。 旅するシ..
by bananan_bou at 22:22

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(43)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(25)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ