<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ウィーンの森の物語

ウィーンの森の物語 中欧の人々と生活   倉田稔 著 NHKブックス 1997.4.25 

 著者はこの本の執筆当時小樽商科大学の教授(現在は退官されて名誉教授に)で、在外研修でトータル3年ウィーンに暮らし、ほかにも数回ウィーンを訪ねておられます。(小樽商科大学は在外研修のための休みが取りやすかったそうです)
 この本では’90年から’91年にかけてのウィーン滞在での体験や見聞きしたことが書かれています。このときは友人家族宅に下宿して地元の人と生活を共にします。友人の家族は、オーストリア人の友人とフィリピン人の奥さん、小学生の娘さんと、棟続きの隣に住んでいる友人のお母さんです。家族一緒にどこそこに行ったというエピソードがよく出てきます。
 友人家族とのエピソードのほかに、語学学校の同級生や、日本人同士、友達の友達や、町でたまたま知り合った人との会話がよく書かれています。この先生は誰とでも友達になれる人なのかもしれないですね。

 本に書かれている中で特に心に残ったことは…、
・オーストリアがEUに加盟したら、南欧のギリシャやイタリアを支えるために税金が跳ね上がるぞとドイツ人に言われたこと。―当初からギリシャを援助してたんですね。
・著者は9月にウィーンに到着。―あちらは秋入学だから。
・公私を分けている。勤務時間外に仕事をしない。-林望氏のイギリス本のエピソードと同じ。
・著者の友人曰く、「日本人とドイツ人は『ねばならない』という思想を持っている」 ―まさしく私がそうです。そう思わないように努めてますが…。
・ウィーンで働くフィリピン女性は看護士が多い。 
・お年寄り世代の質素倹約や世話好きなことは日本人にも共通する。(著者の友人曰く)オーストリア人も勤勉なことも。―日本人の勤勉さは過去のことでしょうか。

“外国旅行や滞在では、とにかくいろいろな人に話しかけるといいのだ”(p176より)
  ―以前ほど話しかけていないなと感ずる今日この頃です。
[PR]
by ruksak | 2012-01-30 02:01 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

アルテ・マイスター絵画館 Gemäldegalerie Alte Meister

アルテ・マイスター絵画館  入場料:大人 10ユーロ(1050円)

Staatliche Kunstsammlungen Dresden アルテ・マイスター絵画館を含むドレスデンの美術館の総合webサイトです。

 夕方5時から閉館の6時まで見学しました。、
 ここの収蔵品で一番有名なラファエロの「システィーナのマドンナ」と、日本人に特に人気のあるフェルメールの「手紙を読む少女」を目当てに大急ぎで観て回りました。


f0036820_1173567.jpg←「システィーナのマドンナ」の足元にいる天使ちゃん のペーパーナプキン 2.9ユーロ(だったか)


 ドレスデン行きはクリスマスマーケット見学をメインに考えていたので、この絵画館に行く時間は取れないと思ってました。なんとか行くことはできたけれど、名前を挙げた2作品以外はほとんどが歩きながら眺めたようになってしまい、そのためだけに入館したのは愚かでした。ミュージアム・カフェにも入りたかったですね。(買い物する時間はつくりました)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^

f0036820_1183487.jpg

 マイセン磁器の湯呑み
 (小振りです、東洋向けの食器ですね)
 
  17ユーロ(1785円)


 マイセンはドレスデンのお隣の町
 マイセンにも
 アルテ・マイスター絵画館と同じ建物にある磁器コレクションにも
 行けなかったけれど
 中央駅から旧市街に向かう途中の
 (おそらく)直営ショップで買いました
   …そのお店で一番安い商品です
  (「波の戯れ」シリーズです)


[PR]
by ruksak | 2012-01-28 12:57 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

ドレスデン 写真散歩

 続けてドレスデン観光ご紹介しちゃいましょう。本日はおもに写真で、次回は写真ナシです。


    <君主の行列(Der Fürstenzug)>
f0036820_20522947.jpg

 時間が短かったために見学場所を絞らなければいけなかったドレスデンで、是非とも見たかった場所です。
 100mに及ぶ外壁に歴代の君主の騎馬像や芸術家など総勢93名が描かれています。マイセン磁器のタイルに描かれているとのことですが、タイルかどうかよくわからなく、予想以上の大きさに、-写真の人物が小さいでしょう-、ただただ感嘆しました。

そのほかに...
[PR]
by ruksak | 2012-01-15 23:44 | ドイツ | Trackback | Comments(4)

クリスマス工芸品工房, ランゲンヴォルムスドルフ村 <行き方>

 ドレスデンからランゲンヴォルムスドルフ村のクリスマス工芸品工房へは次のように行きました。

1) Dresden Hbf(ドレスデン中央駅)前のバス乗り場から
  261番(Sebnitz行き)バスで 片道5.6ユーロ(588円) 所要55分

2) Langenwolmsdorf(ランゲンヴォルムスドルフ) Oberdorf で下車
  バスの進行方向から少し戻って右に曲がり、その道をまっすぐ20分ほど歩く

3) 261番バスは(平日)1時間に1本
  行き(ドレスデン中央駅発) 毎時15分発
  帰り(Langenwolmsdorf Oberdorf発) 毎時52分発 ('11.11月旅行当時)

  DB BAHN TravelService …バス・列車の時刻が調べられます

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ドレスデン駅構内の鉄道インフォメーションで行き方を尋ねました。
 Langenwolmsdorfと書いた紙と、「クリスマス ファクトリー」の言葉で行きたい所がわかってもらえました。(窓口の係員は皆英語対応OKでしょう)
 係りの女性は ↑のリンクしたHPから時刻表を印刷してくれました。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

f0036820_22261926.jpg

 <ドレスデン中央駅 バス乗り場側出口>
 (細長い駅舎の側面…、
  かと思ったけれど
  こちらが正面入口、かも)

 右に行って角を曲がると
 トラム乗り場です
 

f0036820_22271729.jpg


 <261番(Sebnitz行き)バス停>


f0036820_2228736.jpg

 Langenwolmsdorf Oberdorf で
 降りたところ
 Langenwolmsdorf 村のバス停の中で
 Oberdorf が最寄のバス停になります。 


 遠くの車の辺りに
 右手に向かう道路があります


f0036820_22284425.jpg

 曲がり角のところに
 「Kunsthandwerkerhaus
(クリスマス工芸品工房)」の
 案内板があります
 ここから20分くらい
 ドイツの農村風景を見ながら歩いて
 遠く感じませんでした


[PR]
by ruksak | 2012-01-09 23:41 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

クリスマス工芸品工房, ランゲンヴォルムスドルフ村

f0036820_21263437.jpg
 高さは6cmくらい、小さいです。 
 値段は大きかったです。兵隊さんが840円、娘さんたちは1000円超えてます。パーツの数の違いでしょうか。働き者の娘さんたちです。
 実はわたくし、三姉妹です。姉さんたちと一つずつ分けるつもりで買いました。
 クリスマスマーケットの会場でもっと安い木製のお人形が売られてました。…作り手が見えるところで買ったことに意義があると思いましょう。(?)
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クリスマス工芸品工房
f0036820_21273735.jpg
 ショールーム→
 扉の向こうに木製のお人形やクリスマス飾りの世界が広がっています。
 (内部は撮影禁止、HPの写真のとおりです)

 製品をつくる職人さんは皆女性です。
 女の人のほうが細かい作業に向いてるんでしょうかね。



 ネットでクリスマスマーケットのことを調べていたら、ユーラシア旅行社のこの工房に行くツアーがヒットしました。
“ドレスデンの東に位置する小さな村、ランゲンヴォルムスドルフ。この村の主産業はおもちゃ作り。クリスマスシーズンになると村は活気にあふれます。”
 クリスマスマーケットつながりのつもりで、でもその実態は宣伝文句につられて訪ねてみたのでした。
 ドレスデンからバスで1時間かけて出かけたクリスマスの世界は、この建物の中だけでしょうかね。敷地内にいくつかの建物が寄せ集まってますが、他は洋服屋さんだったりします。
 団体だとガイドツアーが組めるみたいですが、そうでなければ展示品をざーっと見て、気に入ったものがあったら買う…。
 クリスマスや手工芸品がよっぽど好きな人でなければつまらないかも…。ここをツアーのコースに組み込んだユーラシア旅行社がかなりマニアックに思えました。
 工房にクリスマス飾りを買いにお客さんが三々五々訪れてます。11月でもお客さんが途切れなかったので、12月になったら本当に活気にあふれそうです。

f0036820_21282624.jpg
 この塔は クリスマスピラミッド 
 といいます。
 クリスマスツリーが広まる前は
 この塔が立てられていたそうです。

 この工房まではるばるやって来たけれど、
 途中の田舎の景色が素晴らしかったです。
 起伏のある牧草地帯が
 私の好きな‘美瑛’の風景みたいでした。
 

<次回は行き方について 
[PR]
by ruksak | 2012-01-08 22:41 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

クリスマスマーケット2011/プラハ/ドレスデン ~味わい編

 クリスマスマーケットは見るのも食べるのも楽しいですよ。


  プラハ(旧市街広場会場)/2011.11.26
f0036820_11172535.jpg

 観光馬車が客待ちしてます。寒空でもお客さんけっこう乗ってました。
 馬車の後ろの赤い屋根に筒型の飾りが掛かってますよね。
 トゥルデルニーク(Trdelnik)という、‘小麦粉の生地を炭火で焼いて砂糖やシナモンをまぶしたクリスマス菓子’の飾り看板なんですよ。
 クリスマス菓子ということで、一つ注文。(50Kč(コルナ)/205円)
 もっちもちの生地の食感と表面のザラメ砂糖の甘さがうまく溶け合ってます。ザラメ砂糖は焼いても溶けないんですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ドレスデン/2011.11.25

f0036820_11184958.jpg
 手前のソーセージバーガー (2.5ユーロ/263円)
 後ろのお兄さん実物はかっこいいです。お兄さんの前にマスタード(からし)とケチャップのボトルがあります。
 ここでみなさんに質問です。ソーセージにかけるなら、ケチャップですか、それともマスタード?
 私は断然マスタード、です。
 ソーセージが、カリ、ポリ、おいしい! パンはちょっと硬かったけど。
 昔、「おいしいものには音がある」というソーセージのCMがありましたが、ほんとですね。


f0036820_112099.jpg
 トマトとモッツァレラチーズのオープンサンド(3.5ユーロ)とグリューワイン(4.5ユーロ)(合計840円)
 このオープンサンド(クリスマスとは関係ないけど)も美味! ガーリックバターを塗ってホットプレートでパンをあっためます。にんにくの香りとトッピングの色に食欲をそそられました。ネギに辛味はなかったです。

 そしてクリスマスマーケット名物のグリューワイン!
 赤ワインに甘味とスパイスを加えて温めた飲み物です。飲みやすかったです。お酒に弱い私でも飲み干せました。ちょっとレロってきましたけどね。体が温まってしばらく手袋やマフラーが必要ありませんでした。
 ワインの料金にはマグカップ代が含まれてます。返す場合はカップ代が返金されます。(1.5ユーロだったか) 私は持ち帰りました。使っていない新品を渡してくれました。写真の反対側に絵が描かれているので向きを変えて撮ればよかったですね。
 プラハでもグリューワインがありました。紙コップの提供で45Kč(185円)です。
 こちらは赤ワインをそのまま温めただけなのか、アルコール入りの湯気にむせてなかなか飲み込めず、大半を残してしまいました。

f0036820_11205816.jpg←オープンサンドとグリューワインをたのんだお店です。

 この隣にボール状の丸い揚げ菓子のお店があります。
 1個 0.8ユーロ(84円)
 お餅みたいにモチモチして、
 おいしかったです。


 他にドイツのクリスマス菓子の代名詞、シュトレンを試食で、…大きな塊しかなかったので買わず、…しっとりパウンドケーキみたいでした。
 両方の町で焼き栗を買いました。 
[PR]
by ruksak | 2012-01-07 13:18 | チェコ | Trackback | Comments(0)

プライスカード

 前回スーパーマーケットのことをちょっと話したので続きで。

f0036820_012927.jpg
 とあるスーパーで、
 電光掲示板型のプライスカードがあり…。

 右下の
 10.00Kč(コルナ/41円)の表示は
 わかりますよね。
 他はいくらと読む?

 答えは 11.00Kč でした。
 上の棚の500mlのミネラルウォーターは
 日本円で46円です。

 チェコでは誰が見ても
 11 とわかるのでしょうか…。


--------------
 このスーパーは午前6時開店です。
 ずいぶん早い…、
 あ、日本には24時間営業のコンビニがありますね。(24時間営業のスーパーもありますね)

 そういえば、プラハを歩いていて、セブンイレブンやコンビニのようなお店を見ませんでした。
 スターバックスはよく見かけました。いい場所にお店を構えてましたよ。


[PR]
by ruksak | 2012-01-06 00:59 | チェコ | Trackback | Comments(0)

おみやげに

「次はクリスマスの食べ物」と二度も告知しておりましたが、別の食品の話題で申し訳ございません。
 本日はおみやげに買った紅茶とお菓子について。

f0036820_04789.jpg

1)フレーバーティが好きという友人に
左側:フルーツティのティバッグ(14.9チェココルナ) 
    ~ベリー色、味もベリーの風味が強かった、個別包装なし
真ん中:ハチミツ入りハーブティ(27.5チェココルナ)
    ~パッケージからハチミツが入っていることだけはわかりました、
      飲んでみてハチミツ入りハーブティかと思ったが、
      製品のホームページを見たら温めたワインに近いもの? 
      プラスチックの個別包装あり

 *参考 MOKATE …会社別に商品カタログがあります

2)特定多数に(いわゆるバラ撒き用に)
右側:ペパーミント味のソフトキャラメル(17チェコルナ)
   ~味はいいと思います、キャラメルの包装紙の絵柄もよし(写真がよく見えなくてすみません)
    薄緑色のパッケージでメンソール味もあり
    ドレスデンのお店でも売ってました 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^
 このおみやげはスーパーマーケットの TESCO(テスコ) で買いました。イギリス以外でテスコに入るのは初めてです。
 夜9時近くの閉店間際でしたが、駆け込み客が多くレジ前には列ができてました。自分でレジスターを通すセルフレジが10台以上もありました。やってみようかと思いましたが、クレジットカード決済だったのでやめました。
 3つの商品の合計金額は59.4チェココルナ(244円)です。支払いには0.4コルナは切捨てになってました。
[PR]
by ruksak | 2012-01-04 02:20 | チェコ | Trackback | Comments(2)

今年もよろしく!

明けましておめでとうございます

暮れのご挨拶をしないうちに新年を迎えてしまいました。
どのようなお正月をお過ごしですか。

昨年は更新の間隔が空いてしまったのが不本意で、
今年もよくて週一くらいのペースになるかなーと予想され、
そこは割り切って、
明るく楽しい旅行ブログを目指します。

新年はクリスマスの屋台食から始めますよ。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ruksak
[PR]
by ruksak | 2012-01-01 17:22 | ごあいさつ | Trackback | Comments(2)


2018年のカレンダーを  ご希望の方に


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

最新の記事

イスラーム圏で働く
at 2017-10-28 15:42
2018年カレンダー
at 2017-10-26 16:11
秋のバラも素敵
at 2017-10-09 02:02
知事公館に秋の足音が
at 2017-10-07 01:30
バッタを倒しにアフリカへ
at 2017-10-02 17:15

カテゴリ

カレンダー
はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本

最新のコメント

ばななさん こんば..
by ruksak at 01:22
こんばんは。 カレンダ..
by bananan_bou at 21:32
ばななさん さっそ..
by ruksak at 11:23
こんばんはー。 今年も..
by bananan_bou at 17:19
ばななさん!! う..
by ruksak at 15:21
こんばんはー。 好きで..
by bananan_bou at 20:56

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(46)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(26)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ