<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ゾウさんはただいま出張中  ('03年作)  4 

 村の中心へ戻る途中、バスで隣り合わせた女の人の家のそばを通った。その人は暑さで茹っていた私を見て、冷たい水をご馳走してくれた。洗顔用に用意してくれたボウルには氷水が入っていた。やさしい心遣いがありがたかった。

 村の十字路で帰りのバスを待っていると、「ニホンジン?」と声をかけられた。
「7年くらい前、日本に行ったよ。福岡、ヨカトピア。2ヶ月間、象の調教師。…日本語、忘れたよ」
「いや、そんな、日本語、上手ですよ。エレファントビレッジに象を見に来たけど、子どもの象しかいなかった」
「象? 遊園地に行ってる」
 元調教師というこの男性の話によると、大きな象は遊園地やイベント会場に出稼ぎに行っていることが多く、ここには象祭りや農繁期のときぐらいしかいないとのことだった。
「象は今どこにいるの?」
「ミツイグリーンランド」
「…ん? ミツイグリーンランンド?」
「ホッカイドウ」
 ! 札幌の隣町にある三井グリーンランドのことだ。そういえば『象さんの大運動会』ってTVコマーシャルしてたっけ。その象たちがここの象だったなんて。北海道からこんなに離れたところでその名前を聞くとは思ってもいなかった。
 北海道と縁もゆかりもなさそうなヤシの木茂る南の地で、北海道が呼び起こされた。懐かしさが心にふっと湧いた。象と一緒に来ている調教師たちも故郷が恋しいかもしれない。

 旅行から帰ったあと、タクラーン村で撮った写真を持ってかの遊園地へ行ってみた。その日は夏の終わりを告げるような寒々とした日だったが、象たちは元気にパフォーマンスしていた。サッカー、組体操、有料で観客を乗せて歩いたり…。
 舞台裏に回って、調教師のおにいさんたちに写真を見せると皆喜んでくれた。代わる代わる見に来ては、「うちの近所だ」とか、「このおばさん知ってる」など口々に言っていた。屋台のラーメンや炒めご飯の写真を見て、「あー食べたい」とせつない声を出す人もいた。写真を見せたことで却ってホームシックにさせてしまったかな。でもここの運動会もあと半月だ。ガンバレ、象とおにいさんたち。

 月日が経つのは早いもので、象に会いに行ってからもう何年にもなる。今年はどこで活躍しているだろうか。子象くんたちも今は立派なサッカー選手になって海外遠征に参加していることだろう。いつかどこかで君たちの雄姿を見るのを楽しみにしているよ。 

(ゾウさんはただいま出張中  完)
------------------------------
 *三井グリーンランド…岩見沢市の、現・北海道グリーンランド です
  子象くんたちとはまだ再会しておりませんの

[PR]
by ruksak | 2012-04-24 11:18 | タイ | Trackback | Comments(0)

ゾウさんはただいま出張中  ('03年作)  3

 運転手さんにここだよ、と言われて降りたところは野っぱらで、田畑以外何も見えない。唯一、 “Elephant Village”(エレファントビレッジ)と英語で書かれたゲートが立っていた。
 ゲートをくぐったところは運動場で、運動場を超えた向こう側に建物と人影、そして二つの小さな黒い塊が見えた。そちらのほうに行ってみると、黒い塊は子どもの象だった。
 ビレッジというから村や集落があるのかと想像していたが、象の調教施設のことだった。だが、エレファントビレッジというわりにこの二頭しか見当たらない。子象の世話をしていた女性にほかの象がどこにいるか尋ねたら、田んぼの向こうを指差す。あっち? 山の方? 遠くに行っていないの?
 どこに行ったかわからないけれど、象がいない。参加者がいないのではなくて、象がいないからツアーがなかったんだ。とんだ勘違いだった。

 象の調教が見られなくてもこの子たちがいれば十分。この二頭はどうやら双子らしい。
 子象たちは人間の大人のおなかぐらいの高さ。お鼻がブランブラン、体をゆらゆら、まつげが長い。子象と人を隔てる囲いはないので、すぐそばで象と触れ合える。象の毛は見た目より硬くてゴワゴワしていた。
 しつこく付きまとう私とは対照的に、子象たちは私の姿が見えないかのようにマイペースだった。世話をしている人の指示には従っているので、「知らない人に話し掛けられてもついていってはいけない」お言い付けを守っているのかな。でも、相手をしてくれないのでちょっと寂しい。

 まったく愛想のない子象たちをひとしきり撫でてエレファントビレッジを離れた。
 エレファントビレッジは周りが水田で囲まれている。ため池では水牛が水浴びしていた。ところどころに見えるヤシの木が南国情緒をかもし出している。時計の進み方が都会より二倍も三倍もゆっくりしているかのようだった。

<最終回へ
[PR]
by ruksak | 2012-04-22 08:31 | タイ | Trackback | Comments(0)

ゾウさんはただいま出張中  ('03年作)  2

 遺跡巡りのために滞在したスリンは、象の町としても知られている。毎年11月に象祭りが盛大に開催される。象祭りの様子は新聞やニュース番組のどこかでトピックスとして取り上げられるから、聞いたことがある人もあると思う。
 観光局でもらったパンフレットには、近くのタクラーン村で象の調教が行われていると書いてあった。しかもスリンから『エレファントビレッジ(象の村)象の調教見学ツアー』が出ているとある。
 ツアーデスクがあるという町一番のホテルで聞いてみると、参加者がいないので、残念ながらツアーが催行されないという。かわりに、エレファントビレッジへは路線バスでも行けると教えてくれた。

 バスターミナルからタクラーン村行きのバスが出ていた。
 トラックの荷台を改造した、とってもローカルなバスだった。荷台バスでわかるとおり、このバスは人だけでなく、物資の運搬を兼ねていた。まさに住民の生活を支える交通手段になっている。だからバスの中で観光客然としていたのは私だけで、私はかなり浮いた存在だった。
 田舎道でバスが弾んだ拍子に、行き先を書いたメモが胸のポケットから飛び出した。メモは風に乗ってひらひらと舞って窓の外へ流れていった。一番前に座っていたからかもしれないが、他の乗客の視線も紙の行方を追っていたのが可笑しかった。

 バスはいくつかの村を巡りながら田園地帯を駆け抜けた。人と荷物でいっぱいだった車内は2時間も走ったころにはだいぶ空いていた。

<3へつづく、ゾウさん登場です
[PR]
by ruksak | 2012-04-21 10:38 | タイ | Trackback | Comments(0)

ゾウさんはただいま出張中  ('03年作)  1

(本日から'96にタイの田舎を訪ねたときのエピソードです、4回の予定、です)

 2003年春、東南アジアを旅行中の友人からメールが届いた。
「今どこだと思う? シェムリアップ!!」
 この友人とは1996年にアンコールワットを一緒に旅した仲だった。また行ったんだ。いいなあ。
「すっかり変わったよぉ。観光客が増えたよぉ。アンコールワットに日の出を見に行ったらサ、前は寺院には20人くらいしかいなかったよね。今朝は千人もいたよ! 前のほうが町も遺跡も穏やかでよかったね」
 20人より多かった気がするし、千人というのもオーバーに思えるけれど、そう感じるくらい観光客が増えたと伝えたかったんだね。
 アンコールの遺跡群は92年に世界遺産にも登録され、カンボジアの大切な宝である。96年の旅では、千年近く前に建てられた巨大遺跡群を目の前に、ただただ圧倒された。

 そのときの旅では、アンコールワットのあと友人と別れてひとりタイに残るクメール遺跡を訪ねて歩いた。
 タイではバンコクから東へ約460キロ、スリンの町を基点に遺跡を見て廻った。ピマーイ、パノム・ルン、シー・コーラプーム、サ・カンペーン・ヤイ、などなど。どの遺跡もアンコールワットとは比較にならないぐらい規模が小さかった。
 しかし、崩れた部分は補修され、遺跡によっては遺跡自体は崩れたままでも、遺跡の周りはすべて歴史公園として整備されていた。政情の違いがこんなところにも反映している。アンコールワット周辺の遺跡は修復中か、手付かずの荒れたままになっているものが少なくなかった。現在どこまで修復されているか確かめていないが、アンコール遺跡群もカンボジアの復興を心待ちにしているはずだ。
 タイのクメール遺跡はアンコールワットほど知られていないが、数年前からピマーイとパノム・ルンの遺跡を組み込んだパッケージツアーが見られるようになった。
 これらの神殿が建てられた時代はタイもクメールの勢力範囲の中にあったわけで、アンコール遺跡から何百キロも離れたところで同じ様式の遺跡を目にして、はるかな時の流れに思いを馳せた。タイのクメール遺跡も多くの人に見てほしい。

<2へつづく

------------------------------
 この間、テレビでシェムリアップの町を見ました。
 すっかりおしゃれな、都会的な町になってました。
 タイのクメール遺跡も当時に比べて知名度は上がったようですね。

[PR]
by ruksak | 2012-04-17 10:24 | タイ | Trackback | Comments(0)

日の目を見なかった投稿文 

 この2年ばかり、4月に旅行を計画して、“実はあさってから…、”と、出発のお知らせをしてきました。
 しかし、今年は、ありません、淋しいです。夏に行けるかなあ…。
 
 そして、ついにこの日が来てしまいました。と、思っているのはたぶん私だけで―。
 直近の旅の話題が終わってしまいました。これからは過去の旅を振り返ればいいのですが、そういえばこんなものがあったと思い出しました。

 インターネットがこれほど普及する前、雑誌などに旅に関わる文章をときたま投稿してました。掲載されたこともありますが、その多くはボツです。
 原稿はできているのでこれをブログに発表すればいいかな、と。
 その第一弾が ↓ です。次回以降からはもう少し長い文章になります。
 いつもとトーンが違いますが、なるべく手を加えずに書いた当時の文章を生かしたいと思います。

 また、更新の間隔が空くかと思いますが、ゆっくりのんびり気長に構えてください。
[PR]
by ruksak | 2012-04-08 23:49 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)

サキャ 写真女の子 ('98年作)

 昨年7月、中国チベット自治区を旅した。チベット仏教サキャ派が興った小さな村を訪ねたが、そこは巡礼者はもちろんのこと、観光客もよく訪れるという。そのため村の子供達が妙に観光客慣れしていたのが可愛くなかった。
 ちょっとでもカメラを取り出すと、子供達が「フォト、フォト」と我々観光客を取り囲む。不思議なもので写真をせがまれると撮りたくなくなるものだ。子供達をシッシッと追い払う始末。旅先ではいつも土地の子供達を撮りまくっているというのに。 
 ほとんどの子供が諦めていったなか、二人の女の子がどこまでもついてきた。完全無視の態勢を取ったのだけれど、年の頃十才前後の女の子達はちっとも諦める風がない。
 女の子達は、何かヒソヒソ話した後、背後で歌を歌い始めた。歌をプレゼントする代わりに写真を撮ってってこと?
 女の子達は歌の次にチベットダンスを踊り始めた。
 たかが写真のためにそこまでするなんて。
 私にとってはたかが写真でも、彼女たちには貴重な写真ということなのか。
 観光客が自分達のことを撮りたがっていることを、子供達は知っている。そして、頼めば写真を送ってもらえることも。とある広場を通りかかった時、そこで糸を紡いでいた女性や子供達が、送られてきた写真をうれしそうに回し見していた。
 ダンスでも写真を撮ろうとしない私に、女の子の一人がキャンディーを差し出した。小学生からお菓子をもらうようになったらお終いだ。彼女達に根負けした。写真を撮ってあげるけど、ダンスをしているところだよ。
 女の子達はさっきよりも瞳を輝かせて踊り始めた。踊る前にちゃんと身繕いするところが微笑ましい。
 写真の送り先は、村の小学校宛だった。私の写真も学校の中を飛び回っただろうか。

f0036820_23292170.jpg
 <チベット自治区サキャ/建物の配色、グレー・白・エンジはこの町独特、チベット仏教サキャ派のシンボルカラーにもなっている>
[PR]
by ruksak | 2012-04-08 23:45 | 中国 | Trackback | Comments(0)

プラハ旅行の韓国の味

 私も大韓航空のソウル・プラハ直行便でプラハに行ったひとりです。
 機内食と空港で韓国の味覚を味わいました。

1)機内食のビビンバ
 これまでに何度かお伝えした、大韓航空のビビンバ!
 やっと写真で、といっても、この写真でこの機内食の素晴らしさが伝わるかどうか。

f0036820_11232071.jpg

 左側のレンジで温めたホカホカのご飯を具の入ったセラミックのボウルに空けて、コチュジャン(ボウルの上にチューブが見えます)を加えて、スプーンで混ぜます。
 ボウルの右側はワカメスープ。味噌汁のときもあります。
 奥の左側はきゅうりのお漬物、右側は紅白のお餅です。

 帰りのソウル着前の機内食ではお粥の選択肢があり、前にこの路線に搭乗した友人からお粥が出ると聞いていたので、もう一方を聞く前にお粥をたのみました。時間的に朝粥ですね。韓国のお粥も食べてみたかったです。
 こちらは電子レンジで温めるお粥のパックに、永谷園のお茶漬けの素と同じ味の粉末を混ぜます。味はお茶漬け、食感はお粥、…乗務員は「お茶漬け」と言って配ってました。

2)仁川(インチョン)空港レストランのマンドゥ
 マンドゥ、…韓国式餃子のこと。韓国では蒸餃子か水餃子らしいですが、このお店のはお皿にお水が浸っていたので水蒸餃子? つるんつるんとお腹に入っていきます。しょう油ダレに酢が入っていたら最高! でした。
 小さな金魚みたいな餃子が17,8個で、空港価格で、9,900ウォン(10%tax込)です。(662円)

 (2008/6/12の記事に機内食のビビンバが初登場します)


<プラハ・ドレスデン旅行の旅報告は今回でおしまいです。
長い間お付き合いくださいましてありがとうございました。
次回から、はて…。
[PR]
by ruksak | 2012-04-07 12:33 | チェコ | Trackback | Comments(0)

直行便が飛ぶことを期待して ~プラハ旅行の終わりに

 プラハの中心部は「プラハ歴史地区」として世界遺産に登録されているぐらいですから、いにしえのヨーロッパな佇まいにうっとりします。 
 街中で出会う観光客は西洋人がほとんどで、チェコとアジアの関わりはまだ少ないのかなと思いました。中国料理店は世界中にあるとして、ほかに町中でTHAIの文字を見かけたら、決まってMASSAGEの文字が続きます。プラハではタイといえばマッサージなのですね。
 アジア人観光客では日本人と、それと韓国人が思ったよりも多く、ソウル・プラハ直行便の恩恵なのかと思いました。乗継便より手軽に来れますもんね。日本からもプラハへ直行便が運行されたら、プラハ(チェコ)がもっと身近になりますね。
 クリスマスマーケットの賑わいを多くの人に見てもらいたいです。
 また行きたいです、見てないところがたくさんあります、いつかまた。
 

f0036820_917944.jpg

<次回はチェコ旅行のおまけです
[PR]
by ruksak | 2012-04-01 09:24 | チェコ | Trackback | Comments(0)


2018年のカレンダーを  ご希望の方に


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログパーツ

最新の記事

イスラーム圏で働く
at 2017-10-28 15:42
2018年カレンダー
at 2017-10-26 16:11
秋のバラも素敵
at 2017-10-09 02:02
知事公館に秋の足音が
at 2017-10-07 01:30
バッタを倒しにアフリカへ
at 2017-10-02 17:15

カテゴリ

カレンダー
はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本

最新のコメント

ばななさん こんば..
by ruksak at 01:22
こんばんは。 カレンダ..
by bananan_bou at 21:32
ばななさん さっそ..
by ruksak at 11:23
こんばんはー。 今年も..
by bananan_bou at 17:19
ばななさん!! う..
by ruksak at 15:21
こんばんはー。 好きで..
by bananan_bou at 20:56

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(46)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(26)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ