<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ぼくらの出航

ぼくらの出航  那須田 稔 著/市川 禎男 さし絵  木鶏社 1993.9.3(1962年講談社初版の復刊)
終戦の混乱のハルビン。悪事の見張り役をさせるチャン親方から逃げ出したタダシを救ったのは、同じ親のない子どもたち、タヌキ(日本)、チン(中国)、サイ・アヒル(朝鮮)だった。廃船の船底を秘密のすみかとし、冒険ずきな五人は力をあわせて、数々の事件をくぐりぬけ、たくましく成長する。少年たちの冒険と国をこえた友情を熱くユーモラスにえがく。 (Amazonより)

 このあらすじはおもに物語の後半部分で、日本の「トム・ソーヤーの冒険」に例えられています。
 物語は終戦の直前から始まり、終戦の日まではハルピンでののどかな暮らしが描かれています。戦前のハルピンでは日本人、中国人(満州人)、ロシア人、朝鮮人が同じ町に暮らしていました。共存とはいえないかもしれないけれど…。
 北方領土が日本に返還されたときもロシア人とともに平和に暮らせるでしょうか。

 敗戦後、お父さんがシベリアに連れて行かれたあと、タダシ君は体の弱いお母さんをリヤカーに寝かせて日本人収容所に向かいます。タダシ君はときどき振り返ってお母さんの様子を見ながらリヤカーを引きます。しかし、お母さんは途中リヤカーの上で息を引き取ります。タダシ君は中国大陸でひとりぼっちになってしまいました。その後、身寄りのない仲間たちと出会って後半のストーリーへと向かいます。

 目の前で(実際には背中のほうで)お母さんが亡くなっても、タダシ君は生きる気力を失いません。タダシ君の仲間たちもそうです。
 著者は初版のあとがきで次のように書いています。

アジアでも、ヨーロッパでも、少年少女たちは、かれらのやりかたで、闇から光のあるところへ、戦争から平和に向かって、体あたりで生きぬきました。この体あたりの行動だけが、少年少女たちのゆたかな成長をはばもうとする現実という怪物にたちむかう、ただひとつの方法であったわけです。(p275より)

 図書館でこの本を取り寄せたとき、新品のようにきれいな本が届きました。多くの少年少女たちに読んでもらいたい一冊です。

 児童書なので行間が広くてすぐ読み終えることができました。子どもの頃に読んだ本でよく目にしたようなタッチの「さし絵」が懐かしかったです。 
[PR]
by ruksak | 2013-05-21 18:37 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

1993.8.27 オランダ・アムステルダムより両親へ ~絵葉書/2年間の休暇の終わり

f0036820_17383176.jpg

f0036820_17403014.jpg
 ウィーンからアムステルダムに一気にやって来ました。
 バッグの奥にずっと入っていたジャンパーや靴(ずっとサンダルをはいていた)を出して着こみました。ロンドンに近づいたと感じます。
 別便でコーヒーと木の人形を送りました。
 着いたら、中を確かめてもらえますか。
 それから、日本へは、
 9/5 アエロフロートSU581便、モスクワ泊、
 9/6 アエロフロートSU575便 成田午前9:40着 で帰ります。
 スケジュールに変更がなければロンドンからTelしません。
 それでは、次回は札幌で。
 8/27

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 切手の肖像は女王様だったんですね。
 先日の新国王即位式のテレビでお顔を拝見するまで気が付きませんでした。

f0036820_17414167.jpg ハンガリーで買った木のお人形(小物入れ)です →


 帰りの飛行機がモスクワ経由だったので、ロシアを見てみたいとモスクワで一泊するつもりだったのですが…。
 ちょうどそのとき、「モスクワでジフテリアが流行」というニュースが流れ、日本に着いたら幼児のいる友達の家に行くことになっていたので、大事を取ってモスクワに寄らずに真っ直ぐ帰ることにしました。
 子どものときに予防接種をしてると思ったけれど、友達の子どもを感染の危険にさらせないですからね。

 そして、この絵葉書がこの年ヨーロッパから送った最後のエアメールです。
 2年前にオーストラリアに旅立って、続けてアフリカへ、札幌に戻って半年後にイギリスへ。滞在一年を区切りにイギリスを引き上げました。
 かけがえのない2年間と思っています。
 父の病気を理由に帰国を決めましたが、父が病気でなかったら、どのような選択をしていただろうと思います。



---------------
 絵葉書の旅にお付き合いくださいましてありがとうございました。
 他の旅行の絵葉書もあります、そちらはいずれまた。
 次回から、と言っても間が空きますが、ゆっくりペースで、過去の旅のエピソードをお送りします。
[PR]
by ruksak | 2013-05-10 18:58 | 外国便り | Trackback | Comments(0)

1993.8.26 オーストリア・ウィーンより/両親へ ~絵葉書

f0036820_14564322.jpg

 再びウィーンに戻ってきました。
 昨夜の夜行でプラハに行くつもりだったのが、スロバキアのビザを取っていなかったので、行くことができませんでした。その列車は、ハンガリー → スロバキア → チェコ と走るので、列車に乗ってるだけでもビザが必要だと言うのです!
 27日のバスでアムステルダムからロンドンに戻らなければならないので、ブダペストで一日足止めを食った分、プラハに行けなくなってしまいました。ま、ウィーンも見るところがたくさんあるから、こっちに来てもいいんですけどね。 では、又。
 8/26
f0036820_2182933.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 ハンガリーで買った絵葉書です。当時はチェコもスロバキアもビザが必要でした。
 この日の寝台列車でアムステルダムに向かいました。

 次の葉書が帰国前最後のヨーロッパからの便りです。

[PR]
by ruksak | 2013-05-03 21:10 | 外国便り | Trackback | Comments(0)

1993.8.20 ハンガリー・ブダペストに向う車中より/両親へ ~絵葉書

f0036820_1514252.jpg

 きのう丸一日、朝から暗くなるまでウィーンの街を歩きまわりました。ウィーンは(ミュンヘンも)、街並がとってもきれい、気品があります。
 美術館を2つはしごしました。そのうちのひとつで、クリムトの作品を観ました。やっぱり本物はいいですね。写真で見るのと全然違います。
f0036820_17402869.jpg
 8/20 ブダペストに向う車中にて


 ~~~~~~
 ずうずうしいお願いですが、送った衣類のうち、きたなそうなのを洗ってもらえるでしょうか。黒い毛布はクリーニングに、寝袋やってくれそうなクリーニング屋さんがあったらそちらへ。

 帰国スケジュール 9/5ロンドン発→モスクワ一泊 9/6モスクワ発→9/7成田着

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 ミュンヘンの絵葉書です。
 ハンガリーのエゲール(Eger)で投函しています。

[PR]
by ruksak | 2013-05-02 17:48 | 外国便り | Trackback | Comments(0)

1993.8.12 オランダ・アムステルダムより/両親へ ~写真葉書

f0036820_179316.jpg

 札幌もだいぶ涼しくなったことと思います。旅の疲れはとれたでしょうか。
 お父さんは皆から旅行中のエピソードを聞いて、我々の旅がどんなものだったか想像できましたか。
 ところで、8/10にダンボール1ケ航空便で送りました。中に寝袋を入れたので、晴れた日にでも虫干しをして頂けますか?
 では又、お元気で。
f0036820_17173437.jpg

  8/12 雨のアムステルダムより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 写真は春にロンドンで撮ったものです。

 札幌の家族がロンドンを発った日に大陸旅行に出発しました。
 アムステルダムから書いているのに、アムステルダムのことがひとっ言もないですね。
(旅のノートを見ると、この日は「どこも観光客がいっぱい。ゴッホ美術館にやっと入っただけ」と書いてます)

ロンドン~アムステルダム~ミュンヘン(ギルダの娘さんの家)~ウイーン~ハンガリー(ブダペスト~Eger/エゲール~Nyíregyháza/ニレジハザ)~ウイーン~アムステルダム~ロンドン

 クラスメートの家を訪ねてハンガリーまで行きました。2週間の旅です。
 ギルダはブラジルに行って不在でしたが、娘さんに会いに行きました。(前の年、娘さんの家に行ったときの記事は こちら
 ロンドン⇔アムステルダムはバス&フェリーで、アムステルダム~ハンガリーは列車で移動しました。
 2週間だったので旅行荷物はリュックサックに詰めて、この旅行からリュックサッカーになりました。

[PR]
by ruksak | 2013-05-01 17:37 | 外国便り | Trackback | Comments(0)


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

最新の記事

札幌彫刻美術館でアフリカに浸る
at 2017-04-25 15:46
欧州紀行
at 2017-04-14 16:59
TIAP
at 2017-04-06 13:32
極北シベリア
at 2017-03-25 16:16
パンケーキのお店 祝2周年
at 2017-02-12 15:42

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん 冬はな..
by ruksak at 15:05
こんばんは。 冬の美瑛..
by bananan_bou at 20:17
ばななさん あけま..
by ruksak at 17:39
あけましておめでとうござ..
by bananan_bou at 21:08
hnkさん、今月の旅行楽..
by ruksak at 02:37
ミュウミュウ バッグさん..
by ruksak at 03:12

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(34)
(32)
(30)
(29)
(28)
(25)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(3)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ