<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

巴里ひとりある記

巴里ひとりある記   高峰秀子 著   新潮社  2011/11/25 (1953年に映画世界社で刊行された本の新装版です)

 高峰秀子さんが「巴里で一人歩き」したのは、昭和26年、27歳のときです。
 人気女優にもかかわらず、半年以上仕事を休んで海外に出かけてしまいました。「映画スタア・高峰秀子」を知る人が誰もいない土地へ脱出したというのが本当のところのようです。半年の休暇を得て、帰国後に「二十四の瞳」はじめ数々の名作を生み出します。
 やっぱりリフレッシュ休暇は必要なんだと思います。高峰秀子さんは5歳で子役デビューしてから20年以上働きづめだったんです。普通の会社でもリフレッシュ休暇の制度をもっともっと広めてほしいです。

 昭和26年のパリや海外旅行について興味がありました。
 この本で印象に残ったことをいくつか・・、 

続く
[PR]
by ruksak | 2015-02-23 15:46 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

ふたつの「北極圏一万二千キロ」の続き

 植村直己氏の『植村直己 妻への手紙』と『北極圏一万二千キロ』を読んでたくさん思うことがありました。先月と昨日の文章で書ききれなかったので、今日も少しお付き合いください。

*寒さ
 犬橇=冬=雪と氷⇒北極圏!! ⇐-30度、40度、50度。
 旅の初めのほうで、「低温に順応・・・」という記載があったので、順応したからこそマイナス何十度の気温の中で活動できたと思いますが・・・。(海)水に濡れながらでも、しかも濡れたら服はすぐにカチンコチンに凍ってしまうのに、外で活動できるのはすごい。

*エスキモー
 今はイヌイットの呼称で呼ばれる人たち。犬橇旅のとき('70代半ば)はまだエスキモーと呼ばれていたんですよね。
 グリーンランド、カナダ、アメリカともエスキモーの村や集落があり、どの村も西洋化が進んでいます。カナダやアメリカのエスキモーの方が進み方が大きく、若い世代は英語しか話さないといいます。老人たちはエスキモー語(といっていいのか)がわかり、海を隔てたグリーンランドとのつながりを感じました。

*極地犬
 またまた犬の話ですみません。犬の扱いも犬自体も、日頃周りやペット番組で見る犬とあまりに違うものだからとても気になりました。
 犬橇用の犬は、グリーンランドとカナダ・アメリカで用立てました。橇をひいた犬たちはペットの犬に比べてたいへん野性的です。
 犬のえさで特徴的だったのは、生や凍った、肉、魚、鳥、お互いが排泄した糞も! そして、飢餓状態のときは死んだ(犬)仲間の肉まで!
 現在の愛玩用の犬たちも世代を遡ればこのように野性的だったでしょうか。

*縫い物
 ほつれた衣類や、犬の胴バンドや紐など、自分で縫って直してました。カナダでひと夏過ごしたときは、セーターを補強するために編み物もしています。氷で足の裏が傷つかないように犬用の足袋を何足も縫ったりしました。
 昼間の犬橇行のあと、夜もテントで地味ではありますが犬橇旅の成功に欠かせない作業をしていたのです。
[PR]
by ruksak | 2015-02-20 13:56 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

北極圏一万二千キロ

北極圏一万二千キロ   植村直己 著   文藝春秋  1976.9.1

 先月読んだ『植村直己 妻への手紙』(文春新書)の手紙の多くが、この犬橇旅の間に出されたものだったので、旅の記録の方も読んでみました。
 この本を読むと、こちらが北極圏犬橇旅の公式記録で、手紙のほうは舞台裏的記録のように感じられました。両方読んで別々の視点で一つの旅を辿ることができました。
 独りで、マイナス30度や40度を超える厳冬期に、犬橇を繰って、移動する困難は想像に難くありません。橇が海に落ちたり、氷原のただ中で犬たちに逃げられたり、犬たちの食糧不足に陥ったりと、危機一髪の状況に何度も遭遇します。困難な状況の克服なしに、「偉業」は達成しません。

 犬橇旅なので、この本では犬のことと、立ち寄る村々で出会うエスキモーのことが多く書かれています。
 エスキモーにとって犬はペットではなく家畜で、橇をひかせるときは容赦なく鞭を振るいます。それは植村氏も同様です。状況が厳しくなれば「犬を殺して食う」とまで考えることもありました。
 しかし、犬たちが植村氏に馴れるにしたがって、植村氏は犬たちのことを自分が養う家族のように思えてきました。こんなに頑張ってくれた、橇をひいてくれた・・・。 
 エスキモーの人たちには犬橇で長旅をしてもこのような感情はやはり生まれないでしょうか。

 アメリカやカナダのエスキモーたちにはスノースクーターが生活の足になってました。当時犬橇をまだ利用していたというグリーンランドでは現在どうなっているでしょう。 

 今わが北海道も雪と氷の季節です。
 植村氏が犬橇を滑らせていたときのように、気温の上下によって、雪が滑りやすくなったり、昼間融けた雪が朝晩凍って靴底にガリガリと音が響きます。
 気温が5度まで上がった先日は、雪融けが進んで道路に水たまりができました。植村氏はこれよりもっと水で覆われた氷原を走ったのだと犬橇旅のことを思い起こしました。

 *北極圏1万2000キロ  ヤマケイ文庫版の紹介ページをリンクしました

  2/25追記: 第一次南極越冬隊隊長・西堀栄三郎氏の序文も必読です。
[PR]
by ruksak | 2015-02-19 14:33 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

ベネチアのゴンドラ

 札幌、すすきので乗れます。

f0036820_15141640.jpg

 すすきの交差点にあるラフィラとういう商業施設で記念撮影できるんですよ。
 さっぽろ雪まつりすすきの会場にお越しの際にはこちらにもお立ち寄りくださいませ。
[PR]
by ruksak | 2015-02-03 15:20 | 外国的 | Trackback | Comments(0)


羽ばたけ世界へ! 旅しよう


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブログパーツ

最新の記事

バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-24 01:00
バラの見頃はまだだった ~ロ..
at 2017-06-23 12:41
旅するショコラ Ver.3
at 2017-06-04 16:24
藤棚は
at 2017-06-01 16:57
自転車が並んでいるだけで
at 2017-05-29 16:40

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん こんに..
by ruksak at 15:28
こんばんはー。 地下鉄&..
by bananan_bou at 21:55
ばななさん こんば..
by ruksak at 00:59
こんばんはー。 旅するシ..
by bananan_bou at 22:22
ばななさん こんば..
by ruksak at 01:23
ごめんなさい。送信ボタン..
by bananan_bou at 21:48

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(25)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(3)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ