スコットランド 歴史を歩く

スコットランド 歴史を歩く  高橋哲雄 著  岩波新書  2004/6/18

‘歴史を歩く’ということなので、歴史上の事件や人物が年代順に登場し、史実とそれに対する著者の解説が加えられています。
 専門家の方が一生懸命書いてくださっているのに、歴史的な出来事はちっとも頭に入っていきませんでした。それでも、この本を途中で投げ出さなかったのは、「スコットランド」という‘地の果て’のような地に惹かれるからだと思います。

 旅行のガイドブックなどにも書いてありますが、スコットランドは南側のロウランド(低地地方)と北側のハイランド(高地地方)の二つからなっています。それぞれの地方に住む人々は歴史的に対立があって、それは現代も潜在的にあるのではないかと思うのですが・・。
 だとすると、近年のイングランドからの独立の機運は二つの地方の総意なのか、温度差があるのか気になります。

 スコットランドの伝統的民族衣装のキルトはかつては、“ハイランドの森の作業場での作業着”だったそうで、そのキルトをスコットランドの民族衣装へと価値を高めていったのは、“19世紀初頭の英語世界最大の歴史小説家”サー・ウォルター・スコットとのことです。
 何年か前に『ウォルター・スコット邸訪問記』を読んだときは、邸宅の人物がどれほどの方か存じ上げておりませんでした。
[PR]
# by ruksak | 2016-10-01 00:01 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

エアアジア新千歳就航一周年イベントで・・

 〈エアアジアXCEOとキャビンクルーのおねえさんたち〉
f0036820_10595127.jpg

 昨日、エアアジアの新千歳就航一周年を記念するイベントで、衝撃のプロモーション価格が発表されました。
 でも予約期間は今日までで、(搭乗期間は来年の7/1~8/31) エアアジアのモバイルアプリからの申込限定でしたの。それでも予約した人いたんだろうな~。

 プロモーション価格の発表の後、エアアジアのグランドアンバサダーをやっている女優のすみれさんのミニトークショーがあったんだけど、一般の観客は撮影禁止でした。そういうものなのね。
 すみれさんはゴボウのように細かった・・。

~~~~~^~~^^~~~~^~~~~~~~~~~^^~~~~~~^^

 また、別の会場で海外旅行を広めるセミナーがあり、ーイベントをはしごしましてー、
「新千歳ーバンコク線、タイ国際航空ビジネスクラスの機内食の一品を試食」タイムがありました。二品のうちの一つを試食です。

f0036820_1117123.jpg

 鶏のそぼろ風サラダ
 with唐辛子ドレッシング


 鶏肉は薄い味付けで、
 ドレッシングが辛かった!!
 白いご飯にのせても合うと思います。




f0036820_1114252.jpg

 隣の席の方が選んだのは、

 チーズ2種と
 アプリコット

 
 食べやすい味わいでした。

 
 互いの品をおすそ分けしました。




f0036820_11225498.jpg

  さっきの
  一周年記念イベントに登場した
  エアアジアの
  キャビンクルー全員が
  こちらの会場に
  飛び入り参加!

[PR]
# by ruksak | 2016-09-30 12:17 | 外国的 | Trackback | Comments(0)

シュリーマン旅行記 清国・日本

シュリーマン旅行記 清国・日本   
H.シュリーマン 著  石井和子 訳  講談社学術文庫  1998/4/10

 シュリーマンって、トロイア遺跡のシュリーマン? そのシュリーマンが日本に来たの?
 ・・・と、本を開いてみたら、その通りでした。

 本に書かれた著者の紹介文を抜粋すると、
ハインリッヒ・シュリーマン
1822年ドイツ生まれ。若い頃移り住んだロシアで藍の商売を手がけ巨万の富を得る。1864年世界漫遊に旅立ち、翌65年日本に立寄る。

 トロイア遺跡を発掘したのは、これよりあと1871年です。1865年といえば慶応元年、幕末の世の中が騒がしいときです。

“これまで方々の国でいろいろな旅行者に出会ったが、彼らはみな感激しきった面持ちで日本について語ってくれた。私はかねてから、この国を訪れたいという思いに身を焦がしていたのである。”

 と、いうことで、一か月の滞在中に、

“世界の他の地域と好対照をなしていることは何一つ書きもらすまいと”

 見聞きしたことを事細かく書き記しています。
 西洋文明とかけ離れた、風俗、衣食住について、歴史的資料になるのではないかと思えるぐらい、その描写力はすごいです。(訳者石井氏の訳文もとても読みやすかったです)

 当時の上海や北京、サンフランシスコへの船旅の様子と合わせて、約150年前の日本を旅することができます。巻末に訳者がアテネのシュリーマンの館を訪ねたときの文章もあります。

(リンクしたHPには、「3カ月の滞在」と紹介されています。中国かサンフランシスコへの船旅を含めて3カ月と記載したのではないかと思います。) 

強く印象に残ったことを細々と・・
[PR]
# by ruksak | 2016-09-01 00:01 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

バラの見頃は過ぎたか ~ロイズローズガーデンからの帰りはバスで

 ロイズローズガーデンの住所は あいの里4条9丁目。
 このバス停は 「あいの里4の9」。 この道路を200メートルぐらい行った先にローズガーデンの入り口があります。

f0036820_1552345.jpg

 このバスは [栄20 栄町教育大線]で、地下鉄栄町駅まで行きます。本数は一時間に一本、終点まで30分ちょっとぐらいです。
 JRの駅まで歩かなくていいし、-JRあいの里公園駅まで徒歩8分(ロイズのHPによる)-、栄町で地下鉄に乗り継げると思ってバスに乗ったんですが…。
 この地域から終点まで乗った乗客は私だけでした。平日の昼間でもともと乗客が少ない時間帯でしたが、他の乗客はもっと短い距離で乗り降りしてて。
 
 このバスに乗って、ロンドンのバスのことを思い出しました。
 20年以上前、ロンドンに住んでいたときのことです。
 ロンドンは地下鉄のほかにバス網も発達しています。バスは地下鉄よりも運賃が安いです。
 バスの路線マップを見ては、「このバスに乗ったらロンドンの右から左まで行ける」とか、「上から下まで行ける」などと発見して喜んでました。
 実際に「右から左まで行ける」路線バスに乗っても、「右から左まで」長いこと乗る乗客はいません、私ぐらいです。だいたい途中の地下鉄駅や繁華街で乗り降りします。
「右から左まで」行けたとしても、時間がかかるから実用的でないんですよね。

 そんなことを思い出した、ロイズローズガーデンからの帰路でした。
 次にローズガーデンに行くときは、バス&地下鉄で往復する、かもしれません。


* タグ>92イギリス にイギリスに滞在していたときのことを書いてます。
[PR]
# by ruksak | 2016-08-23 17:06 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)

バラの見頃は過ぎたか ~ロイズコンフェクトあいの里公園店

ロイズコンフェクトあいの里公園店*  ロイズローズガーデンの隣にあります。

 イートインコーナーでホットコーヒーが無料でサービスされてました。(アイスコーヒーはございませんでした) 

 エッグタルト(152円)とバターロール(確か100円以下)をチョイス。
f0036820_222530100.jpg
 タルトのクリームはカスタードプリンのようでした。 ・・〈カスタード〉タルトだもん。


f0036820_2226861.jpg
 お客さんが途切れたときに撮りました。お昼時は席がだいたい埋まってました。



f0036820_22263986.jpg

お店の外に

こんなものも。  


<ローズガーデンに行ったときの話題はまだ続きます
[PR]
# by ruksak | 2016-08-23 00:05 | 外国的 | Trackback | Comments(0)

バラの見頃は過ぎたか ~ロイズローズガーデン

 今月の初め、あいの里の ロイズローズガーデン に行ってきました。
f0036820_1245576.jpg

「ロイズのバラ園が一番よね」とマダムたちが話しているのを小耳にはさみ、ネットで調べたらここも入園無料だったので、バラの盛りは過ぎたように思ったけれど、行ってみることにしました。

ロイズコンフェクトあいの里公園店・・お店と道路をはさんだ上側にロイズ本社があり、本社ビルを囲んでバラ園がつくられています。

バラの写真はこちらから
[PR]
# by ruksak | 2016-08-22 13:39 | 外国的 | Trackback | Comments(0)

マトリョーシカ絵付け体験

f0036820_12181420.jpg

 7月の最終土曜日に、日本ユーラシア協会札幌支部女性部 主催の マトリョーシカ絵付け教室に参加しました。もう一か月近く経ったんですね。

 この写真のあと緊張の顔入れです。「人形は顔が命」というから、緊張するなあ・・。

 

苦心の出来上がりはこれだ!
[PR]
# by ruksak | 2016-08-20 12:35 | 外国的 | Trackback | Comments(0)


2018年のカレンダーを  ご希望の方に


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

旅行・お出かけ

最新の記事

ベルリンでぷらぷら
at 2017-12-13 15:50
イスラーム圏で働く
at 2017-10-28 15:42
2018年カレンダー
at 2017-10-26 16:11
秋のバラも素敵
at 2017-10-09 02:02
知事公館に秋の足音が
at 2017-10-07 01:30

カテゴリ

カレンダー
はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本

最新のコメント

ばななさん こんば..
by ruksak at 01:22
こんばんは。 カレンダ..
by bananan_bou at 21:32
ばななさん さっそ..
by ruksak at 11:23
こんばんはー。 今年も..
by bananan_bou at 17:19
ばななさん!! う..
by ruksak at 15:21
こんばんはー。 好きで..
by bananan_bou at 20:56

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(46)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(26)
(22)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング