イグアスの滝 day1~アルゼンチン側の滝ツアー

 ツアーだから「最少催行人数」というのがあるのでした。ころっと忘れてました。
 ユースのリセプションの女の子が、ミシェリー(Mishelly)という名前でした、個人でも行けるからと、アルゼンチン側に行くバス乗り場を教えてくれました。バス停がユースの近くにあるそうです。
 ミシェリーにイグアスの滝への行き方を何度も確かめていたら(一度で覚えられなくて)、カップルがツアーの申し込みに来ました! ミシェリーが3人でもなんとかすると言ってくれたので、アルゼンチン側のイグアスの滝に行けます。よかったー! 
 そのあとに日本人の女の子が一人、「まだ間に合いますか?」とやってきました。合計4人でアルゼンチン側のイグアスの滝に行くことになりました。
 夜行バスを降りてからめまぐるしく状況が変わり、頭がすっかり活性化されました。





 9時少し過ぎにユースのロゴ入りのワゴン車が参加者を迎えに来ました。だいぶ年季が入っているようで、スライドドアがなかなか開きません。
 車の中でそれぞれ自己紹介しました。
 どこから来たの?
カップル(男)「アイルランド」
カップル(女)「イギリス。友達がハママツで英語教師してる」
日本人の女の子「浜松? 私、ナゴヤ。浜松近いです。フィリップと呼んでください」
私「ホッカイドウ」
 日本人の女の子の、といっても20代半ばかな、フィリップという名前はニックネームだそうです。私はフィリップがサンダーバードに出てくるブレインズにとっても似てると思いました。前髪の短いところが特に。派遣の契約が終わったので、南米2ヶ月間の旅に出たそうです。ブラジルから旅行が始まって、リオ~サンパウロ~イグアスと来たそうです。
 大きな橋の途中で車が停まりました。橋の上に白い線が引いてあります。ブラジルとアルゼンチンの国境でした。
 橋を渡った先に国境のパスポートチェックがあり、ドライバーが4人分のパスポートを持ってアルゼンチン側の入国の手続きをしにいきました。乗客は車に乗ったままです。
 アルゼンチンの端っこだけど、「アルゼンチンにも行きました」と言っていいですか。
 それから潅木に囲まれた赤土の大地を走っていくと、近代的な建造物が見えてきました。アルゼンチン側のイグアス国立公園の入り口です。
 ドライバーが券売所から公園の入場券とパンフレットをもらってきて、あとは自由に見学してくださいって。
 えっ? ガイドなしですか。フィリップは騙されたと憤慨してます。案内なしなら、公共のバスで来たほうがずっと安上がりだったと。いつもの私なら、フィリップと同じ気持ちになったと思います。このときは、「アルゼンチン側へはツアーで行く」という思い込みが強かったで、「バスで行くよりお金はかかるけれど楽だからいいや」と、そんなに損した気になりませんでした。

ユースのアルゼンチン側ツアー:51レアル(2805円)/滝への送迎、公園の入場料30アルゼンチン・ペソ込み

 ツアーといっても送り迎えだけだったのね。私が単にツアーと思い込んでいたのかしら。
 帰りは4時に迎えにきてもらうことにしました。帰りの時間も自分で決められたのです。
 土ぼこりを上げながら、ユースの白いワゴン車は来た道を去っていきました。 
[PR]
by ruksak | 2006-11-29 19:23 | ブラジル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ruksak.exblog.jp/tb/3928662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lazyMiki at 2006-12-02 00:17
本筋とは全然関係ないことですけどっ。
ruksakさんも「サンダーバード」ご覧になってたんですか~。
私、大・大・大ファン(いまだに)なんです。
でも、あんまりブレインズには似たくないかも・・・(^^;

アルゼンチン領内では、タンゴ、踊りましたか?
せめて、「ん、ちゃ、ちゃ、ちゃ・・・」と、口ずさみましたか~?
それによって、「アルゼンチンに行った」と言ってよいかどうかを決めたいと思いまーす。
Commented by ruksak at 2006-12-02 12:21
きびしーい。タンゴはちょっとパスでした。
アルゼンチン側にいた多くの観光客はアルゼンチン人ではないかと思うのですが、みんな陽気で、ひとりで見学していた私もつられて楽しく観て回れました。

LazyMikiさんも「サンダーバード」の大ファンだなんて。
サンダーバードと書いてもわからなくて「サンダーバード」を検索する人のほうが多いかなと思ったりしました。
「ブレインズに似ている」ことについては、私もLazyMikiさんの気持ちわかります。(わたしはそんなに嫌じゃないんですよ)
だから、ブレインズをたとえに出すのは悪いかなとちらっと思ったけれど、書いてしまいました。変えたほうがいいかな。
「ブレインズの双子の妹みたい」・・・たいして変わらないか。考えてみましょう。


2019年のカレンダーを   お配りしています


by ruksak

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ

最新の記事

ミュンヘン・クリスマス市 i..
at 2018-11-27 23:43
印象派的に
at 2018-11-14 01:20
2019年カレンダー
at 2018-11-13 22:19
はずれてるVSはずしてる?
at 2018-10-14 17:20
チキンのおいしい喫茶店
at 2018-10-09 01:18

カテゴリ

カレンダー
はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
シンガポール
マレーシア
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本

最新のコメント

ばななさん ブラタ..
by ruksak at 23:52
ブラタモリ見ましたよ! ..
by bananan_bou at 20:57
ばななさん おそく..
by ruksak at 23:56
ばななさん こんば..
by ruksak at 22:58
こんばんはー。 早速カ..
by bananan_bou at 23:24
こんにちは。 今年は秋..
by bananan_bou at 11:22

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(31)
(29)
(28)
(26)
(23)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

記事ランキング