イグアスの滝 day1~悪魔ののどぶえ 1

 それでは、公園マップをもとに滝を見に行きましょう。
 公園ゲートを入ると、案内所と売店、そしてトイレがありました。ここのトイレも日本人に抵抗ないと思います。
 アルゼンチン側の最大の見所は「悪魔ののどぶえ」と呼ばれる、大きな滝です。
 悪魔ののどぶえへはミニ列車を乗り継ぎ、そのあと川に渡した桟橋を1キロぐらい歩いていきます。
 公園の中を走るミニ列車は、向かい合った三人掛けの、壁のない遊園地にあるような列車でした。緑色の車体が鮮やかでした。
 ミニ列車の終点で降りたあとは、他の観光客のあとについていきました。
「1キロ」というと遠そうな気がするけれど、普通に考えて1キロは約15分ですよね。周りの景色を楽しみながら歩いたら、距離のことはまったく忘れてました。
 夏の日差しと真っ青な空、穏やかな水面が空の色を反射しています。湖のように広がった川の浅瀬の上をずっと歩きました。水面から顔を出した岩があちらこちらにあり、水量が少なそうな感じがわかりました。
 木立の向こうに水煙らしいモクモクしたものが見え隠れしてきました。滝に近づいたようです。
 視界が開けると、手前に展望台が、その向こうに白い壁が見えました。帯のような横長の滝から白く泡だった水が流れ落ちています。
 ―これが「悪魔ののどぶえ」か。

 雨が降る時期ですと水の色が赤味を帯びるそうですが、乾季の今は水の色は白く、ところどころ青味がかって清涼な感じがしました。でも、迫力にちょっと欠けるかな。
 海外ニュースなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今年は雨不足のため滝の水量がひじょうに少ないそうです(旅行会社からの情報では年間平均の二割以下)。
 水が少ないので流れる音もおとなしめでしたし、大きな滝に付き物の水しぶきも風向きによってときたまサーッとかかる程度でした。
「悪魔ののどぶえ」はU字型のイグアスの滝の最深部にあたります。そのほか川の水が滝となって方々から流れ落ちて一筋の川になって下流へ流れていきます。
 展望台から滝をざっと見渡して、岩肌が露出しているところが多いように感じました。乾季でもいつもの年なら滝でもっと覆われてるんでしょうね。
 そんななか、「悪魔ののどぶえ」は、本来の姿ではないにしても、ほかを圧倒する力が残っています。清流のようなおだやか流れが、ひとたび大地の裂け目に出合うと猛々しい濁流に豹変します。
 次から次へと押されるように飛び出す水たち。あなたたちのどこにそんな荒々しい力が潜んでいたの?
 滝を眺めていて見飽きませんでした。展望台から離れがたかったです。
 
[PR]
by ruksak | 2006-12-02 12:49 | ブラジル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ruksak.exblog.jp/tb/3951118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lazyMiki at 2006-12-09 21:40
だいたい、「悪魔ののどぶえ」ていう名称がコワイ・・・!
(「のどぶえ」→かっ切って殺す!・・・という、刑事ドラマの見過ぎと思われるワンパターンの連想が働くため。)
でも、水量がずい分少なかったんですね。
二割・・・というのは、例年の五分の一の量だったということでしょうか?
別の時にすでにこの滝を見ていたら、迫力が足りないと不満だったかも知れないけれど、そういう意味では今回が初めてでよかったですよね。
何しろ、あのイグアスの滝を初めて見たんですもの、水量がどうのこうのということはあれ、感動しないわけないですね~!
いーなー、私、世界三大瀑布(↓)のどれもまだ見たことありませんが、ひとつだけ見せてもらえるなら、イグアスがいいな~。
(でも、どうしてナイアガラは世界遺産じゃないのでしょう?)
Commented by ruksak at 2006-12-13 18:30
私も名前がやだなー、こわいなーと思ってました。
いってみると滝にしか見えませんでした。(よかった)
「悪魔ののどぶえ」のところは窪んでいるので(「馬蹄形」とあらわす本があります)、その形に名前が由来してるのかな。

水の量は、LazyMikiさんのいわれるとおり、「例年の五分の一」の意味の二割なんです。といっても、確かに普通の状態がどうなのかわからないから、「イグアスの滝」というブランドを基準にすると「こんなもんか」と不満に感じると思います。
反対に、「ほかの普通の滝」と比べたら、イグアスの滝の方が断然迫力がありました。
水浸しになって大迫力の滝を見るのと、水に濡れる心配をしないでおとなしめの滝を見るのと、どっちがいいんでしょうね。

ナイアガラの滝が世界遺産になってないこと-、
次は(いつか)ナイアガラの滝を見に行こうと、ガイドブックを見たら、滝の周りにレジャー施設や商業施設がたくさんあったので、「自然遺産」の枠から外れちゃったのかなあと思いました。
ナイアガラの滝はあの手この手で滝見物ができそうです。
(いつか、ですよ。行くのは具体的に決まってませんよ)


2019年のカレンダーを   お配りしています


by ruksak

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ

最新の記事

ミュンヘン・クリスマス市 i..
at 2018-11-27 23:43
印象派的に
at 2018-11-14 01:20
2019年カレンダー
at 2018-11-13 22:19
はずれてるVSはずしてる?
at 2018-10-14 17:20
チキンのおいしい喫茶店
at 2018-10-09 01:18

カテゴリ

カレンダー
はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
シンガポール
マレーシア
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本

最新のコメント

ばななさん ブラタ..
by ruksak at 23:52
ブラタモリ見ましたよ! ..
by bananan_bou at 20:57
ばななさん おそく..
by ruksak at 23:56
ばななさん こんば..
by ruksak at 22:58
こんばんはー。 早速カ..
by bananan_bou at 23:24
こんにちは。 今年は秋..
by bananan_bou at 11:22

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(57)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(31)
(29)
(28)
(26)
(23)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

記事ランキング