曽さんの東方美人茶講義 ~茶畑でおじょうちゃんと

 自動車道から奥まったところの茶畑から、道路に面した茶畑に移動しました。
 今日はこちらの茶畑で茶摘が行われています。
 午前中北埔(ペイプー)側のお茶の木を摘んでいた茶摘婦さんたちは、今は富興村側に移ってきています。
 10人ちょっとの女性たちがうつむいてお茶の葉を摘んでいます。お茶の木はちょうど腰の高さくらいなので腰をかがめなくても摘めます。ここの茶畑のお茶の木は6年目の木だそうです。

―ひとつの畝の右側と左側に二人向き合って摘んでますが。
曽さん「畝の半分づつ分担して摘みます。狭い範囲に手を伸ばせばいいですから」
―機械を使わないのですか。
曽さん「機械で摘んだときもありますが、今はやってません。手で摘んでいます」
 東方美人茶は特に、ウンカが噛んだ小さな芽の葉を選ばないといけないですからね。
曽さん「さあ、おじょうちゃんたちの写真を撮っていいですよ。近くに行っていいですよ、遠慮しなくていいですよ」
―センターに行く前に写真を撮らせてもらってるんですよ。(こんにちはー、と茶摘婦さんたちに手を振る)
 それにしても、おじょうちゃん? 
 曽さんは茶摘婦の女性たちのことを「おじょうちゃん」と呼んでいます。的確な日本語が出てこないだけなのではないかと思うのですが。
 だって、おじょうちゃんたちのことを・・・。
曽さん「後姿は18歳、前を見ると60歳」
 と、いままでの曽さんのお話からは想像もつかない、きつーい冗談をおっしゃるんですもん。
 だが、しかし、です。
 皆さん日焼け対策万全の茶摘婦の方たち。
 菅笠から始まって、長袖のTシャツの上にチュニック風の半そでものを重ね着したり、袖先は手の甲が隠れるように長く伸びています。うなじももちろん菅笠の上から覆う布地で保護されています。そして、腰に茶葉を入れる平たい籠を下げています。
 そんなわけで、外見からはお年はわかりません。
 お顔を上げられて、ふと拝見すると、ほ、ほんとに60歳のおばさまなのです。どの方も。
 曽さんのお言葉は、冗談でなくて的を射た表現でした。
 皆さん、それこそ、18歳の娘時代から茶摘をされている、この道40年前後のプロフェッショナルです。茶摘の時期にたのんで摘んでもらっているそうです。
 この方たちが引退したら・・・、この方たちに続く茶摘の女性はいらっしゃるでしょうか。こちらも未確認です。

 曽さんも菅笠をかぶって畑に出られました。
 私も帽子をかぶってましたが、暑かったのでフレンチスリーブのTシャツを着ていました。茶畑を見学したときは天気がよかったので、見事に腕が日に焼けました。
 おじょうちゃんたちを見習うべきですね。 
[PR]
by ruksak | 2008-10-08 22:39 | 台湾 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ruksak.exblog.jp/tb/9314833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lazyMiki at 2008-10-09 20:54
そんなら曽さんも、「おぼっちゃん」ですよね^^
お姉さんにすればいいのに。
日本でも結構、男の人が女性を指して、年齢にまーーーったく関係なく「お姉さん」とか呼んでますよね(あんまり好きな呼び方とは言えないものの・・・)。

にしてもruksakさん、もう本当にお茶の専門家ですね~。
伊藤園の特別リポーターとかになれそう。
なんか、こうしてブログに載せているだけっていうのももったいない気がするんですけど・・・。
Commented by m_benten at 2008-10-09 21:39
そう。。
お茶にこんなに情熱的に説明してくれる方 いないから。。
もっとも 専門過ぎて難しい時もありますが
情熱が伝わってきますよ。。

でも お譲さん方、 万全な日焼け対策は さすがですねぇ。
Commented by ruksak at 2008-10-11 11:34
lazyMikiさん
好きなものや興味のあるもののゆかりの地に行ってみたいッて気持ちが強いんですよね。
ゴッホの旅もそうだったんですよね。

お茶のことはブログで書くのに、お茶の本読んだり、ネットで調べたりするので、知識は借り物なの。はずかしいけど・・。

曽さん「おぼっちゃん」ですかあ?
幼少のころはおぼっちゃんだったかも思わせる人の良さそうな方でした。
曽さんが「おじょうちゃん」と呼んでたのは、
今の「おじょうちゃん」たちが本当のお嬢ちゃんだった頃、茶摘婦が若い女性が多くて、「おじょうちゃん」と呼んでたからなのなあという気もしました。
Commented by ruksak at 2008-10-11 11:39
m_benten さん
つい力が入っちゃうようなんです。
専門家でないからサラッと済ませばいいんですよね。
自分でもワケわかんないときがあります。

「おじょうちゃん」たちの野良着(?)は、日本の農家の奥さんたちと変わらなかったですね。
ここでも台湾と日本と通じるなあと思いました。


2019年のカレンダーを   お配りしています


by ruksak

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ

最新の記事

印象派的に
at 2018-11-14 01:20
2019年カレンダー
at 2018-11-13 22:19
はずれてるVSはずしてる?
at 2018-10-14 17:20
チキンのおいしい喫茶店
at 2018-10-09 01:18
皆さんのお越しをお待ちしてます!
at 2018-10-08 15:52

カテゴリ

カレンダー
はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
シンガポール
マレーシア
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本

最新のコメント

ばななさん こんば..
by ruksak at 22:58
こんばんはー。 早速カ..
by bananan_bou at 23:24
こんにちは。 今年は秋..
by bananan_bou at 11:22
ばななさん こんば..
by ruksak at 01:13
こんばんは。 電車でそ..
by bananan_bou at 22:58
ばななさん、こんにちは。..
by ruksak at 15:59

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(56)
(51)
(47)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(26)
(23)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

記事ランキング