60歳からの外国語修行



60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ   青山 南 著 岩波新書 2017/09/20刊

 大学の先生が一年間の研究休暇を利用して、メキシコ・グアダラハラにスペイン語を学びに行った体験記です。(滞在自体は10カ月)
 本業は英語作品の翻訳なんですよね。英語のプロだから年取ってからでもスペイン語を覚えるのは他の人より簡単だろう、と思ったら全くそうではありませんでした。語学の取得は楽ではないですね。
 著者は偶然にも、前回(昨年12/13に)紹介した『ベルリンでぷらぷら』にほんのちょっと登場してます。作者の海外就職を応援した先生でした。

 ところどころに挿入されるスペイン語豆知識はスペイン語(語彙)を知る参考になります。

 
応援の気持ちを形に よろしかったらポチっと
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集募金ページへのリンクバナー

[PR]
# by ruksak | 2018-03-30 11:33 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

キリマンジャロより愛をこめて

 女性の皆さま~、バレンタインのチョコの用意はお済みですか。
 今年はキリマンジャロのコーヒー豆を練りこんだチョコレートはいかがですか。

 「香るキリマンジャロ」 
f0036820_14461947.jpg

f0036820_14511575.jpg
 スーパーで売ってる
 
 袋チョコだから

 義理チョコ用かな。

 
「義理チョコやめませんか」
 という
 新聞広告あったんですってね。

f0036820_1511646.jpg

正栄デリシィ・・・このチョコレートの会社のホームページです。
 
 以前紹介した「旅するショコラ」の会社です。私は会社の関係者でもなんでもなくて、‘キリマンジャロ’のネーミング(と177円の値段)につられて買ったんだけど・・。
 1991年のアフリカ旅行のとき、キリマンジャロの麓の町でキリマンジャロコーヒーを買ったんですよね。最近コーヒーショップでキリマンジャロコーヒーの影が薄いような気がして・・、気のせいかな。

 *アフリカ旅行のエピソードは タグ>91アフリカ に。よかったら見てみてください。
 
 *「旅するショコラ」の記事は カテゴリ>ごあいさつ の17年6月と15年8月に。
 
応援の気持ちを形に よろしかったらポチっと
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集募金ページへのリンクバナー

[PR]
# by ruksak | 2018-02-10 15:19 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)

冬のスワンカフェはサントリー二島?

f0036820_15565944.jpg

 夏に南フランスを思い起こしたスワンカフェ。
 雪降るこの季節はお店の周りも白く覆われてギリシャのサントリーニ島のよう・・、とは今回も無理があるでしょうか。



f0036820_15584438.jpg

 この日もクーポンを利用してショコラと、コーヒーはホットのフレンチ(300円)をオーダー。ショコラは温めてくれました。お店の中はホッとする暖かさです。
(いつも同じような撮り方になってます)

 *夏に訪ねたときの記事はこちら

 *スワンカフェ&ベーカリー・ハーベストガーデン札幌店の案内はこちら
   (お店の案内のとおり、新道東駅からのほうが近かったです)


 すっかり遅くなりましたが、
 今年もどうぞよろしくお願いいたします

応援の気持ちを形に よろしかったらポチっと
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集募金ページへのリンクバナー

[PR]
# by ruksak | 2018-01-29 16:33 | 外国的 | Trackback | Comments(2)

ベルリンでぷらぷら

ベルリンでぷらぷら 天使の街でフツ―に暮らした2年間
市原 千絵 著  双葉社  1997/7/21

 海外長期滞在の本を見つけるとつい手に取ってしまいます。
 この本は1992年からベルリンに2年間暮らした方のエッセイです。ベルリンでの日々のエピソードを日本に送る手紙形式で書き綴っています。この「手紙形式」というのが、頭に入っていきやすかったです。話しかけるように書かれているからでしょうかね。 
 
 著者は「外国で働きたい!」という強い意志があったのではないですが、就職活動時にたまたま出てた「デパートの海外支店」の求人広告に応募して香港で働き、いったん帰国後、同じデパートの「ベルリン支店オープニング・スタッフ募集」の広告に出合って、ベルリンで2年間働きながら暮らしました。
 この「ベルリン支店」、ドイツ人向けではなくて、日本人ツアー客向けのいわば免税店のようなお店でした。

“ある期間、仮の場所で暮らす”
 あとがきのタイトルです。
 私も同じ時期にロンドンに長期滞在してました。読みながらときおり自分はどうだったかと振り返りました。このブログの タグ>92イギリス and  93ヨーロッパ で、家族に宛てた手紙を載せています。同じ「手紙形式」でも発信力は乏しいですね。

 本文中に「日本への電話代がすごくかかった」というエピソードがありました。
 ほんとに国際電話は高かったんです。郵便もタイムラグがあるし。それを思うと今はとても便利になったと思います。


応援の気持ちを形に よろしかったらポチっと
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集募金ページへのリンクバナー

[PR]
# by ruksak | 2017-12-13 15:50 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

イスラーム圏で働く

イスラーム圏で働く ―暮らしとビジネスのヒント  桜井啓子編 岩波新書 2015/9/18

 イスラーム圏に赴任経験のある13名の方の講演やインタビューを文章にしたものです。"体験的イスラーム文化論"は頭に入りやすいです。編者によるエリア別の地域解説もわかりやすいです。

 読み終えて一番に思うのは、やはり、イスラーム圏の方々とビジネスするのは難しそうだな、ということ。私には、と限定してもいいかもしれませんが。
 
「難しい」と思うのは、考え方に開きのあることが多々あるから。
 しかし、読みながら気づきました。日本人同士だって考え方や価値観の違う人がいるじゃないですか。身近な人とのコミュニケーションの取り方の参考になりました。

 他に印象に残ったことを箇条書きに。
1.「イラン人はプライドが高い。紀元前にペルシャ帝国を興したペルシャ民族としての誇りがあると思われる。だから歴史が浅いアメリカに何かと干渉されるのは受け入れ難い」
 ということから、中国と日本の間柄に思いが飛びました。「四千年の歴史」がある中国からすると、日本は歴史の浅い新興国ですよね。
 
2.イラン商人に関するエビソードで。
「近所のクリーニング店にワイシャツを出したら、はじめは1000トマンだったが、2回目は1500トマン、三回目は2000トマンと、店主に愛想よく言われた」
 店主が値を上げていった理由は、
「自分の店を気に入ってリピーターになってくれたのだから、もっと高くしてもまた来てくれるだろうと思ったから」
 こういう発想があったのかと思いました。日本でこのような料金設定は考えづらいですよね。(そういえば、日本の航空会社が燃油サーチャージをすぐに上げるのは、このイランの店主と同じ考えですね) 

3.家族を大切にすること。

4.イスラーム圏でよく聞く「イン・シャー・アッラ―」は直訳すると「もしも神が許したもうならば(等々)」。この言葉は、場面によってさまざまな意味に捉えられる。
 同じように「ボクラ」(「明日(あした)」の意味)は、必ずしも「次の日」を表してはいない。
 

応援の気持ちを形に よろしかったらポチっと
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集募金ページへのリンクバナー

[PR]
# by ruksak | 2017-10-28 15:42 | 旅の本 | Trackback | Comments(0)

2018年カレンダー

f0036820_15514321.jpg

 今年もできました、旅写真のカレンダー。
 2018年のラインナップは、
 イギリス、中国(上海、香港、チベット自治区)、ポルトガル、美瑛、中富良野です。
 美瑛は2枚も使って、しかも同じ場所、を別方向から撮ったもので、…9月にアップした北瑛の白樺並木なんですよ。

 *香港の写真は、2006年の香港旅行のときのもの。

 *上海の写真は、人民広場で撮ったもの・・・そのときの記事はこちら

 *ポルトガルの写真は、ジェロニモス修道院・・・そのときの記事はこちら

 *イギリスの写真は、イギリスに長期滞在したときのもの・・・その頃のことは、タグ>92イギリス に。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^

 ご希望の方にお送りします。
 A4縦型、2ヶ月ごとの壁掛式です。印刷屋さんに作ってもらいました。 

 お申し込みはメールか、鍵コメコメントでも。
 件名に カレンダー希望、 本文に お名前と送り先の住所 だけ書いて送信してください。
 郵便で事務的にお送りします。

 申し込みアドレス ruksak@excite.co.jp
 遠慮なくご連絡ください。

 *申し込みの受け付けを終了しました。ありがとうございました。(2018.1.29)

応援の気持ちを形に よろしかったらポチっと
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集募金ページへのリンクバナー

[PR]
# by ruksak | 2017-10-26 16:11 | カレンダー | Trackback | Comments(4)

秋のバラも素敵

 大通公園12丁目のバラ園でまだ多くのバラが楽しめました。訪れる人も少なく、カナルの水がもう早抜かれてました。(10/5撮影)

f0036820_1503538.jpg



f0036820_1541772.jpg




f0036820_1535964.jpg


     *6月のバラ園の写真はこちら


応援の気持ちを形に よろしかったらポチっと
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集募金ページへのリンクバナー

[PR]
# by ruksak | 2017-10-09 02:02 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)


旅する心はいつまでも


by ruksak

プロフィールを見る

ブログジャンル

旅行・お出かけ

最新の記事

60歳からの外国語修行
at 2018-03-30 11:33
キリマンジャロより愛をこめて
at 2018-02-10 15:19
冬のスワンカフェはサントリー..
at 2018-01-29 16:33
ベルリンでぷらぷら
at 2017-12-13 15:50
イスラーム圏で働く
at 2017-10-28 15:42

カテゴリ

はじめまして
ごあいさつ
旅程表
ドイツ
チェコ
ポルトガル
オランダ
パリ
ブラジル
インド
スリランカ
マレーシア
シンガポール
タイ
マカオ
中国
韓国
香港
台湾
安めの宿
外国便り
外国的
旅の本
カレンダー

最新のコメント

ばななさん 明けま..
by ruksak at 00:52
こんばんは。 そして明..
by bananan_bou at 22:01
ばななさん こんば..
by ruksak at 01:22
こんばんは。 カレンダ..
by bananan_bou at 21:32
ばななさん さっそ..
by ruksak at 11:23
こんばんはー。 今年も..
by bananan_bou at 17:19

最新のトラックバック

「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
西暦1719年 - 「ロ..
from ぱふぅ家のホームページ
What a wonde..
from はれ、のちくもり
仙台からの手紙
from はれ、のちくもり
3/11に起こった東北地..
from のほほんannals
生きものの記録からヒアア..
from 日々精進(カメ日記改)
福島原発のこと
from おうちしごと日報
今、できること
from 単なる趣味のテディベア作り
できることから
from Toy Soldiers
音楽の力
from tomate & conco..

タグ

(130)
(106)
(79)
(77)
(75)
(73)
(57)
(56)
(51)
(47)
(47)
(44)
(44)
(42)
(41)
(41)
(39)
(38)
(32)
(30)
(29)
(28)
(26)
(23)
(20)
(20)
(20)
(16)
(16)
(15)
(13)
(13)
(12)
(12)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(3)

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング